BEAUTY FLEX二眼レフ1953年製カメラをばあちゃんの家で発見する

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

DSC_0844_resize1.jpg
(Nikon D40)
9月13日、14日と富山のおばあちゃんの家へ帰省。ちょうど麦屋祭りをやっていて、小さな城端の町もたいそう盛り上がっておりました。

今回の富山旅行の目的は麦屋祭りもあったのですが、ズバリ カメラ探しの帰省!であります。

きっかけは以前、母が言った一言
「おばあちゃん家に多分、私が使っていたカメラがまだあるはず。こう上から覗くやつ」

な、なに!?上から覗くだと。それって2眼レフなのか。

母もその辺は、あまり覚えてないらしいが、なんでも大事にとっておく癖のあるおばあちゃんのことだから、多分どこかにあるだろうとの事。

今回は、カメラ探します!

スポンサーリンク

母のカメラはBEAUTYFLEX二眼レフだった

おばあちゃんの家には、本当に昔のモノがいろいろとあって、こんなモノ捨てたら、というようなモノまで丁寧に取ってあります。
DSC_0875_resize1.jpg
こんなレトロな扇風機も未だに現役。現役ですよ、凄いでしょw 嫁さんが「欲しい欲しい」とわめいておりましたw

さて肝心のカメラ探しですが、目星をつけていた部屋にはなくて、あちらこちら探しても見つからず、あきらめかけていた時、偶然にも山積みになったカレンダーをどかしたところ、はっけーーん!いたしました。

それがこのカメラです。
DSC_0944_resize1.jpg
革ケース付き。BEAUTYFLEXというカメラ。母が高校生の頃、使用していたモノだそうです。
DSC_0951_resize1.jpg
ファインダーをのばしたところ。除いてみるとファインダーは、暗くてピント合わせがしずらい。晴天下の明るい場所なら使えるかな。

DSC_0957_resize1.jpg
裏蓋全体がフィルムケース。どうやって裏蓋を動かすのか、小1時間ほど悩む。

DSC_0960_resize1.jpg
レンズには Doimer Anastigmat の文字。No.13791と刻印してあるけど、シリアルNoなのだろうか。

その後ネットでいろいろ調べてみると、
1950年代に日本では空前の二眼レフブームだったらしく100種類以上の、二眼レフカメラが製造されたそうです。

BEAUTYFLEXも、その二眼レフカメラブームの中で発売された太陽堂光機という会社が作ったカメラ。
その後フィルムの主流が、中判から35mmに移っていき、日本での二眼レフブームも終焉を迎えたそうです。

母が使っていたこのカメラはどうやらビューティフレックスVというらしい。

1953年発売
撮影レンズ:Doimer Anastigmat 8.0cm F3.5
シャッター速度:B, 1/2, 1/5, 1/10, 1/25, 1/50, 1/100, 1/200
シャッターも各スピードで動いていたので,今度撮影してみたいと思います。

時を超えるカメラ (〓文庫 (097))
MazKen
エイ出版社
売り上げランキング: 44018
おすすめ度の平均: 5.0

5 ペンが欲しくなる本です
5 学生時代の憧れのカメラに出会う。うらやましい。
5 写真機の魅力
5 ★★★★★び、びっくりした~★★★★★
5 すてきなペンで撮りたくなります

昭和生まれの40代。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサーリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です