ESCAPE R3 注油ポイント

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

20090308150_resize1.jpg
(Nokia N73)
スーパー銭湯から帰って
酒を飲んでうだうだしようと思っていたとある日曜日。

でも、あまりにも天気がいいのと、最近 愛車ESCAPEのチェーン回りから
マイナス異音が聞こえてくるのでチェーンでも調整してもらおうと購入したカンザキバイクへ。

見てもらったところチェーンからの異音は、フロントディレイラーとリアタイヤについているプラスティックの円盤にチェーンが擦れて発生している模様。

フロントディレイラーからの異音はフロントのグリップ変速位置を音の出なくなる位置で止める事でOK。

てっきり刻んである数字の位置でグリップを止めなければいけないと思っていたのですが、そのへんは臨機応変に位置をずらして変速させてやればいいみたいです。

リアのプラスティック円盤ホイール(正式名称知りません)は外してもらいました。

その他、点検してもらった所、ハンドルステムにがたがあることが判明。
確かにブレーキをかけるとステムがカクッとなることがあり、変だなとは思っていたのですがそのまま放置。

このまま放っておくとベアリングがやられるらしく今回は早めに判明できてラッキー。

原因は なんちゃって感覚でやったハンドル高さの調整。

どうもステムの締め込みが甘かったようです。
ただ締め付けすぎてもハンドルの動きが固くなるのでバランスが大事とのこと。

チェック方法は
1:20cmほどの高さから落としてみてハンドル周辺にがたつきがないか見る
2:ステム周辺を握ってフロントブレーキをかける。そのとき、がた等がないか見る
うーん勉強になります。

日常点検のポイントも教わりました。
やはり基本は注油。
チェーン、変速機の駆動部分や各種ワイヤー類をまめに注油しましょう。

私は万能潤滑油「kure556」をチェーンなどにもさしていたのですが、
粘度の低い556だとすぐに飛び散ってしまうとのこと。

そこでショップおすすめの「メンテルーブ」を購入。
実際に各部へ注油しながらポイントを教えてもらいました。
他にもいろいろと教えてもらい、なんちゃてを0.1%ほど脱出できたような気がします。
カンザキバイク店長さんありがとう!そしてこれからもお世話になります!

DSC_0406_resize1.jpg
変速機など動く部分に注油。
ただしベアリング(ペダル、ステムなど)が入っている部分には注意するべからず。

DSC_0405_resize1.jpg

DSC_0407_resize1.jpg
ESCAPE R3なら、あまり気にせず変速機の動いている部分に
注油、注油、そして注油すべし。

DSC_0411_resize1.jpg
次はワイヤー類、ケーブルの出口部分を片っ端から注油。

DSC_0412_resize1.jpg
ケーブルのガイド部分にも注油。

DSC_0413_resize1.jpg
レバー稼働部も注油。
そして忘れずにチェーンも注油。

チェーンは真ん中部分ではなく、内、外のコマ部分に注油。
注油後はペダルをまわしてチェーンに浸透させウエスで余分な油を拭き取る。

注油なめてはいけません。
チェーンなんか驚くほど滑らかになりました。

いかに日頃のメンテが大切かがわかりましたね。
まめなメンテで快適自転車ライフ!

カンザキバイク
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kanza/

昭和生まれの40代。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサーリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です