ESCAPE R3 パンク修理に挑戦!!

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

DSC_0968_resize1.jpg
先日、パンクしたエスケープR3前輪のパンク修理に挑戦!
その全記録です。

スポンサーリンク

携帯ツールのみでパンク修理に挑戦

DSC_0974_resize1.jpg
今回使うツールたち。

  • 自転車トラブル解決ブック
  • タイヤレバー
  • パンク修理キット
  • 携帯用空気入れ

これらは、自転車に乗る際、常にカバンに入れて持ち歩いているアイテム。

では、さっそくパンク修理、いってみよー。

DSC_0967_resize1.jpg
まずは前輪を外し、タイヤレバーを使ってタイヤをリムから外しいきます。
チューブを傷つけないように、気をつけてレバーを差し込みます。

DSC_0972_resize2.jpg
チューブを引き出し、タイヤをリムから取り外し。
ここまではかなり簡単にできました。

さて、お次はパンク位置の特定にはいります。

DSC_0975_resize1.jpg
DSC_0976_resize1.jpg
まずはチューブのパンク位置を特定。
次にタイヤのパンク位置を探します。必ずタイヤのパンク位置も見ておきましょう。

通常のタイヤのラベルとバルブの位置は同じなので、チューブとタイヤを重ね合わせて、タイヤのパンク位置を探します。

で、発見しましたパンクの原因を。

DSC_0978_resize1.jpg
わかりますか?見えますか?
小さいガラス片が刺さっておりました!こいつをきれいに取り除いてやって、パンク原因を排除!

チューブだけパンク修理をしても、このようにタイヤの原因も除去しておかないと、またパンクしてしまいますよ。

さてここからタイヤをもとに戻していきます。

DSC_0979_resize1.jpg
タイヤを片側だけリムにはめこみ。

DSC_0980_resize1.jpg
スペアチューブを入れていきます。
リムにはめるより、タイヤの奥に詰め込む感じでやるとやりやすいです。

DSC_0981_resize1.jpg
DSC_0982_resize1.jpg
タイヤをリムにはめ込み、チューブを噛んでいないか確認。
あとは、空気入れでひたすら空気を入れます!!

空気入れが小さいので、かなり疲れますが、頑張ってポンピング。

で、なんとかパンク修理完了。
所要時間は1時間ほど。

慣れればもっと早くなるかな。
あとは穴の開いたチューブをパッチを使って修理して全て作業完了!

お疲れ様でした!

今回使った自転車アイテム

昭和生まれの40代。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサーリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です