mac book airのディスク容量を圧迫する「その他」を削除して空き容量を増やす2つの方法

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

3年ほど利用しているmac book air。
先日OSをYosemiteにアップグレードする際に、ディスク容量の空きが足りないと怒られた。空き容量をみると1GBほどしかない。オーマイガッ。

調べてみると、ディスク容量を大きく占めていたのが「その他」。なんじゃい、こいつは。

なんや、ようわからんけど、空き容量を増やす方法を2つご紹介。

スポンサードリンク

その1:フォルダ内をサイズ順に表示させ不要ファイルを探す

まずはフォルダの中身を全てサイズ順に表示させてみる。

150112-0003

Finderから「表示」さらに「表示オプションを表示」を選択。
「サイズ」「すべてのサイズを計算」「ライブラリフォルダを表示」にチェックをいれます。

150112-0004

するとライブラリフォルダの中のApplication Supportフォルダが13GBも占めてます。
さらによく見ると/Application Support/MobileSyncが約9GB。

MobileSyncフォルダって?

iPhoneなどiTunes経由でバックアップしたさいにできるバックアップファイルみたい。ここ最近はiCloudでバックアップしているのでこのままFinderからすべて削除したった。ゴミ箱もすべて空にして完全消去。ただしiPhoneの完全なフルバックアップは、iTunes経由でないとできません。ここらへんは、自己判断でお願いします。

その他、容量の大きい、更新日の古いアプリケーションファイルや、すでにアンインストール済みのアプリケーションの残骸ファイルも一緒に削除。空き容量が19GBに増えた。

150112-0005

その2:スマートフォルダを使ってファイルサイズの大きい不要ファイルを探す

しばらく使っていると、起動ディスクの空きが少ないとかなんとか出た。調べてみるとディスクの空きがまたもや1GBほどしかない。オーマイガッ。
今回は、スマートフォルダを使って不要ファイルを探してみる。

160620-0002
Finder > ファイル > 新規スマートフォルダ を選択。

160620-0006
新規スマートフォルダが表示されるので下記手順で設定します。

1 画面右上の+ボタンをクリック。
2 プルダウンで「その他」を選択。
3 検索窓に「サイズ」と入力。
4 検索結果にファイルサイズが表示されたらチェック。
5 OK を押す。

160620-0007
するとファイルサイズを指定してファイルを探すことができます。上記画像は、1GBより大きいファイルを検索するよう設定しています。

結果、不要な書類ファイルが見つかったので削除。すると。。。

160620-0001

空き容量が、14GBも増えましたよ。これで一安心。

しかしまだ「その他」が大きくディスクを専有してる。検索するファイルサイズを細かく設定して、もう少し不要ファイルを削除してみよう。

おまけ:減らないなら増やす

減らぬなら、増やしてみせよう、ストレージ。

なかなかストレージの「その他」が減らないなら、増やしちゃいましょう。

mac book のSDスロットルを利用するマイクロSDカバー
差しっぱなしでもOK
昭和生まれ。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサードリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です