クロネコメール便が終わったら、個人がAmazonで売った本を1番安く、ラクに送れるサービスは何だろう?

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

jp

2015年3月31日受付分をもって廃止になるクロネコメール便。4月1日からAmazonで売れた本は何で送ったらいいんだよー。

メール便の代替としてヤマト運輸が4月1日から始めるメール便の代替サービス「ネコポス」「宅急便コンパクト」。さらに日本郵便が開始する「スマートレター」。

年に数冊ていど、Amazonマーケットプレイスで本を売っている個人のケースで考えてみよう。

個人で本を送るなら日本郵便「スマートレター」

まずヤマト運輸「ネコポス」は法人、個人事業者のみが契約し利用するサービス。どうやら個人が気軽に荷物を送れるサービスではなさそうなので除外。

ヤマト運輸「宅急便コンパクト」と日本郵便「スマートレター」で比較してみる。

ヤマト運輸「宅急便コンパクト」 日本郵便「スマートレター」
大きさ 25cm×20cm×5cm 25cm×17cm(A5 ファイルサイズ)
厚さ 5cmまで 2cmまで
料金 594円(税込み)〜 180円(税込み)
追跡サービス あり なし
差出場所 担当セールスドライバーによる集荷、
ヤマト運輸直営店、宅急便取扱店への持込み
郵便窓口、ポスト投函
配達方法 手渡し 郵便受け
信書 取り扱い不可 取り扱い可能
補償 3万円まで なし

いままでのクロネコメール便が、そのまま名前を変えただけのような日本郵便の「スマートレター」。
年に数冊ていどの本の発送なら、「スマートレター」で決まりでしょう。もうちょっと分厚い本の場合は、同じく日本郵便の「レターパック」が便利そう。

これからお世話になります、日本郵便さん!

昭和生まれ。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサードリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です