【六甲山登山】谷上駅〜山田道〜森林植物園〜トエンティクロス〜市ヶ原〜新神戸へ。初心者、子供でもOKの楽しいルートです。

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

gw_2015-05-03-2-2 - 1

GW初日、山田道〜森林植物園〜新神戸のルートで六甲山登山へ行ってきた。比較的穏やかなルートでありながら、石をつたって川を渡ったり、コーヒーブレイクを取れる河原があったりと、登山初心者や子供でも楽しめるオススメのコースです。

スポンサーリンク

今回のルート

谷上駅〜山田道〜森林植物園〜トエンティクロス〜市ヶ原〜新神戸。だいたい新神戸からスタートすることが多いけど、今回は三宮駅から地下鉄に乗って谷上駅から出発します。
gw_2015-05-03-1- - 1

山歩きには欠かせないアプリ。
山と高原地図 – MAPPLE ON, Co., Ltd.

谷上駅を出て左へ。するとすぐに電車高架下をくぐる道路に出ます。手前側の高架をくぐると森林植物園への道、山田道の看板が目に入ります。案内に従って道路を降り山田道へ。
gw_2015-05-03-1- - 1 (1)

比較的緩やかな気持ちのいいハイキングコース。ところどころ標識が出てるので迷うことはまずありません。
gw_2015-05-03- - 2

途中、モンステラだと思ったらクワズイモだったという、家にある樹にそっくりの樹を発見。これはクワズイモなのだろうか・・・。
gw_2015-05-03- - 3

途中から造成地に出くわして、ちょっと気分が興醒めになりますが、しばらくして森林植物園に到着。午前11時。谷上駅を10時に出発したので、約1時間の行程です。
gw_2015-05-03- - 5

森林植物園内にあったハンカチの木。ちょうど花を開いたという事で、多くの人が見に来ていました。風に揺られて白い花がヒラヒラと舞う姿が、本当に白いハンカチのよう。はじめて見た。
gw_2015-05-03- - 6

お昼は森林植物園内にあるシアトルの森がおすすめ。綺麗な草原にテーブルとベンチが、あちらこちらに設置したあります。うーん、どことなくカナダの雰囲気が漂っていますね。カナダ行ったことないけどw 秋には見事な紅葉スポットになるみたいです。次は秋に来ようっと。
gw_2015-05-03-2- - 1

本日のお弁当は、嫁さん渾身の爆弾おにぎり&きゅうりの浅漬け。たっぷり汗をかいてるので塩分補給はしっかりとね。山登りの時は、特に漬け物が美味しい。お弁当の一品に是非くわえてあげてください。
gw_2015-05-03- - 7

神戸市立 森林植物園

開園時間

9:00~17:00(入園は16:30まで)

休園日

毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)

入園料

大人(高校生以上)
300円
小人(小・中学生)
150円

URL

http://www.kobe-park.or.jp/shinrin/

川渡りが楽しい下山ルート

お昼を食べたら下山開始。森林植物園の東門から出てトエンティクロスへ。ここは写真のように、石をつたって川を渡るポイントが数箇所あります。前回トエンティクロスに来た時は、見事に石から滑って川の中へ片足ドボン・・・。トレッキングシューズはゴアテックスがオススメですw

途中、市ヶ原へ立ちよってコーヒー休憩。時間がお昼すぎということもあり、物凄い大勢の人で賑わっていました。静かに楽しみたいなら、市ヶ原は午前中がオススメです。
gw_2015-05-03-2-2 - 1

今回のルート所要時間

谷上駅出発 10:00
森林植物園着 11:00 
森林植物園出発 13:00
市ヶ原着 14:00
新神戸駅 着 14:45

谷上駅から森林植物園までの山田道は、平坦な道が多く人も少なくて、本当に歩きやすいです。この道だけなら軽装でも余裕で登れます。トエンティクロスからは、結構勾配のきつい箇所もあり、人も多くなります。

2016年5月2日 追記。

昨日、いい天気だったので1年ぶりに同じルートで歩いてきました。ただ今回は新神戸駅から出発して谷上駅へ向かうコース。

はっきり言います、このルートの方が楽です。

森林植物園~谷上駅の区間の山田道は、勾配もなく穏やかな道が続きます。所要時間も1時間弱。お昼を食べてちょっと疲れた体には、ちょうど良い帰り道コースです。

お子様づれやちょっと体力が・・・という方は、体力のあるうちに起伏に富んだコースを楽しむ新神戸駅からの出発をおすすめします。

ひざが痛くなるなら靴下も変えてみよう

山登りをこれから始めるなら、大体トレッキングシューズは良い物を買いますよね。靴選びは、本当に大事です。わたしも最初に買った靴が、どうも足にあいませんでした。最近では、お店のなかに傾斜の台を設置して歩かせてくれる所も多いです。お店ではしっかりと試着して、歩いてみましょう。

靴と一緒に考えてほしいのがトレッキング用の靴下。
gw_2015-05-03- - 10

足の裏、かかと部分が分厚くなってます。とくに足裏のクッション性は抜群で、普段履きの靴下とは大違い。下り時など、ドスンドスンかかる足裏への衝撃を和らげてくれます。写真では黒くなっている箇所が、クッション性がある部分。けっして汗で濡れている訳ではありませんよw 通気性も抜群で、ちょっと値段は高いですが、山登りには欠かせない一品です。
gw_2015-05-03- - 9

昭和生まれの40代。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサーリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です