動画音声のテキスト化はYoutubeを使って文字起こしすると超便利だった

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

C789_pentonotepc-thumb-1000xauto-14917

先日、仕事での打ち合わせ内容を、議事録にとっておこうと思いiPhoneを使って動画録画してみた。動画だと全体の盛り上がり感や雰囲気が伝わっていいですね。

でもサッと全体に目を通したい、議事録として保存したいとなると、どうしても紙のほうが便利。

どうしたものかとググってみたら、Youtubeを使った文字起こし、テキスト化が便利そうだったので、さっそく使ってみた。

いや、ホント、超便利だったよ。

わたしがやったやり方を皆さんに紹介します。

スポンサードリンク

Youtubeの自動字幕起こし機能を使う

実はYoutubeには、文字起こし機能が標準で備わっています。投稿されている動画の下の「その他」をクリックすると「文字起こし」の項目が目に入ると思います。

ためしに,孫正義氏のプレゼン動画を例にすると、動画下の「その他」から「文字起こし」をクリック。すると「自動字幕起こし」と表示され、動画内の音声データがテキストデータ化されているのがわかります。

150601-0005

孫正義 LIVE 2011「【志】を語る」 ① | Youtube

しかし、よく見ると

0:26術後授与
0:28いまここにある日本名の 大いなる道筋を肥大化男

と訳わからん字幕になってますよね。これ動画内では

0:26坂本龍馬
0:28いまここにある日本への 大いなる道筋を開いた男

と言っているんですよw

このようにYoutubeの自動文字起こしの精度は決して高くありません。ていうか、あえて言おうカスであると!

前置きが長くなりましたが、今回Youtubeを使っての文字起こしは次のような手順になりました。

  • 動画をアップする
  • Youtubeを利用して自動文字起こしを行う
  • 間違っている箇所を修正する

まずは動画をYoutubeにアップロードさせます。

動画アップ後、動画編集から「字幕」をクリックして動画の言語設定を行い、「新しい字幕を作成する」をクリックして文字起こしを行ないます。

150601-0006

動画に音声データが含まれていると、自動音声認識機能で読み取ったテキストデータをタイムライン上に表示してくれます。動画を再生させながら、間違っている箇所を修正していきましょう。

150601-0007

ココが便利だった

文字入力すると動画が止まる

いちいち動画の再生・停止の操作をしなくても、文字入力すると自動的に動画が停止します。

再生頭出しもラク

長く話している場合、何回か聴き直したいですよね。その際、テキストボックのセンテンス間にタイムラインがあれば、そのセンテンスの頭から再生されます。

ショートカットキーがラク

Shift + ← で動画が5秒前に戻る
SHIFT + スペース で一時停止・再生

テキストはダウンロード可能

文字起こししたデータは、タイムライン付きでダウンロード可能。そのままGoogleドライブ スプレッドシートなどに貼り付けもできます。

クスッと笑える

自動音声認識のやんちゃな文字起こしに、きっとお腹を抱えて笑うことでしょう。

Youtube 文字起こしソフトとしても優秀です

Youtubeは毎日見てたけど、「文字起こし」機能の存在は知らなかった。

あまりに長い動画だと自動音声認識が動かないみたいですが、Youtubeは文字起こしのソフトとしてかなり使い勝手いいですよ。

昭和生まれ。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサードリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です