金子眼鏡でメガネSPIVVYを新調した。JINSとは違うのだよJINSとは!な掛け心地とお値段

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

knm_2016-01-22_ - 4

金子眼鏡店でメガネを新調した。

金子眼鏡は、昭和33年に福井県 鯖江に創業。自社工房の職人による上質なアイウエアを、日本だけでなく世界に発信しているショップ。

たかが眼鏡、されど眼鏡。これはイイものだ。

スポンサードリンク

フレーム選び

これまでは黒縁の眼鏡を主にかけていました。そこで今回は、知的に見えるワイヤーフレームのシルエットを探す。イメージは、ハゲタカの鷲津。

knm_2016-01-22_ - 1

でチョイスしたのが、SPIVVYと呼ばれるブランドの眼鏡。斬新なデザインと日本的な繊細さを併せ持つインタナショナルなブランド品です。うーん、シャープでかっこいい、このシルエットが知的でクールでデキる男の雰囲気を醸し出すのだw

レンズ選び

knm_2016-01-22_ - 2

フレーム選びの後はレンズ選び。このレンズが松・竹・梅のごとく3種類ある。しかしこのレンズがお高い。一番いいレンズだと10万円近くする。レンズを細かく分割して見え方の歪みをおさえるとか何とか、とにかく良いレンズはこの分割が細かいらしい。今回は永く使うことを心にきめ、2番めに良いレンズを選びました。

お値段

さて、気になるお値段は・・・
フレーム 41,040円
レンズ 55,080円
合計 96,120円 也。

これまでJINSの眼鏡しか見てこなかったので、かなり高いと感じる。でも昔、眼鏡を作ってたときって、5万円ぐらいは普通にしてたよね。今が特別安い眼鏡が出てきただけで、これぐらいの価格が適正なのかなとも思う。

引き渡し

出来上がりまで約10日ほどかかりました。

上質なアイウエア

モノすっごく明るくて見やすくなった!
金子眼鏡をかけて一番最初に思った感想です。レンズのおかげなのか目が疲れない。
この10年ほど眼鏡市場、JINSの眼鏡を使ってきましたが、眼鏡はやっぱりレンズが大事です。

knm_2016-01-22_ - 3

そして軽い。さすがチタニウムフレーム。眼鏡をかけていることを感じさせない軽さです。

knm_2016-01-22_ - 5

日本製の上質なアイウエア。金子眼鏡。
JINSとは違うのだよJINSとは!と叫びたくなる逸品です。

金子眼鏡
http://www.kaneko-optical.co.jp

昭和生まれ。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサードリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です