中古車の値引き交渉4つのポイント。愛車を新型デミオディーゼルへ変更だ

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

YOTA82_akusyuwomotomeru15123614_TP_V

このたび我が家の初期型アクセラ23Sを手放し、新型マツダ デミオに買い換えることになりました。巷で評判の高いディーゼルモデルの試乗車落ちの中古車です。

嫁さんが約1年前に定期点検に行ったお店で一目惚れ。「中古車になったら連絡ください」と言っていたクルマです。アクセラも製造年の関係で今年から税金が高くなるし、今年車検やし、ということで買い替える事に決定。

で今回は身をもって体験した、中古車の価格交渉のポイントをまとめてみたよ。

希望価格を相手に伝える

こちらの予算がいくらなのか、希望している購入価格をズバッと言いましょう。そして見積もり金額とどのくらい開きがあるのかを、双方で共有しあいます。

ポイントとしては、用意している予算より、低い金額で言っておくこと。こちらの予算を相手に伝えることで、お店側も諸経費を含めどこで値引きが可能か考えてくれます。

私たちの場合、こちらの希望予算とお店の見積もりに30万円ほどの差がありました。さすがに、お店側も「うーん、ちょっと厳しいですねw」ということになり、値引きの交渉がはじまりました。

代行費用を削る

見積もりの中で、まっさきに削れる金額があります。それは、代行費用です。読んで字のごとく、本来は購入者がやるべきことを、お店が代行して手続きをおこなってくれる事。

その中でも車庫証明手続きのは簡単に削れる項目です。車庫証明の取得は、管轄の警察署へ書類を出すだけなので超簡単です。提出する書類の用紙、書き方は、購入するお店でも教えてくれます。今回は、車庫証明の取得を自分で行うことで、15,000円削れました。

その他、納車費用も削れます。自分で車を、引き取りに行けばいいだけですからね。これだけで10,000円削れました。

オプションをつけてもらう

金額面の値引きが難しくなってきたら、オプションをつけてもらう交渉をしてみましょう。

ダメもとで色々と希望を出しましょうw 今回は、マットとETC取付に雨除けバイザーを付けてもらいました。

決算月に行く

お店の決算月まぎわに行くのも非常に効果的。ディーラーの決算月は3月のところが多いです。決算前に売上げを上げたいのは、小売り業界どこでも同じ。

欲しいくるまが決まっているなら、2月〜3月あたりに購入するのも手です。「◯◯ぐらいの金額にしてくれたら、今日購入決めるのになぁ」という殺し文句が使えますw まさにこの文句のおかげで、今回はこちらの希望金額に近づけることができました。

みなさんも上手に交渉して、気持のよい買い物をしましょう。あ〜、納車が待ち遠しい。

昭和生まれ。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサードリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です