【レビュー】真空管プリメインアンプ「トライオードTRV-35SE」購入。オーディオ初心者からワンランク上目指すならオススメのアンプ

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

ついに買ったった。

なにをって?

真空管アンプですよ。真空管アンプ。

トライオードTRV-35SE。

買ったった。

スポンサードリンク

日本製の真空管アンプ トライオードTRV-35SE

これまで20年間使っていたプリメインアンプ デノンPMA390Ⅱの調子が悪い。立ち上がり時に、必ずといっていいほど左のスピーカーから音が出てこない。ボリュームを、いちど最大ぐらいまで回してやると治るんだけどね。ググってみると、コンデンサなどの経年劣化が原因らしい。

2016年は約20年ぶりにスピーカー、レコードプレイヤーとオーディオ機器を新しくした1年だった。2017年はアンプを新品にしよう!と新年に思いたつ。


で、色々調べた結果、オーディオ初心者の私がたどり着いたのがトライオードの真空管アンプTRV-35SE。

真空管アンプって、ノスタルジックな外観が、見るからにイイ音出しそうな雰囲気だし。そのなかでもトライオードに決めたポイントをまとめてみる。

トライオード真空管アンプのココが良い

  • お値段が手頃
  • 真空管を交換すれば上位機種になる
  • デザインがおしゃれ

お値段が手頃

オーディオ初心者のわたしにとって 難しい、敷居が高い、真空管?なんだそれ?ってイメージで、一部オーディオマニアだけのモノ、と思っていた真空管アンプ。

その原因のひとつともいえるのが、真空管アンプは高価だということ。

その点トライオード製品は、「真空管アンプをもっとお手軽に楽しんでほしい」という理由から、抑えめの価格帯になっています。

今回購入したTRV-35SEも、実売価格12万円前後。で、オーディオの世界では低価格の部類でありながら、高級アンプにも劣らない音を出す!となればオーディオ初心者でも、よっしゃ、ちょっと背伸びして買ってみるかっ、てなりますよね。

真空管を交換すれば上位機種になる


このトライオードTRV-35SEには、上位機種TRV-88SEというモデルがあります。なにが違うのかといえば、出力管である真空管の種類が違うだけっぽいです。TRV-35SEはEL34、TRV−88SEにはKT88という真空管が使われています。TRV-35SEの真空管を、KT88真空管に交換してやると上位機種のTRV-88SEになるんです。


実際、同梱されていたマニュアルもTRV-35SE、TRV-88SEで共通です。

真空管アンプの魅力のひとつに、真空管を交換することで音の変化を楽しめる点があります。このへんは、レコードプレイヤーのカートリッジに似てますね。

デザインがおしゃれ

オーディオ機器って、どれもこれも黒のイメージしかない。インテリアとして考えると、ちょっとイケてない。でもトライオードのTRV-35SEは朱色。赤ではなく紅、くれない、って感じ。真空管のノスタルジックな見た目もあって、インテリアとして部屋にも馴染むと思います。実際、もう少し小さくて、オシャレを意識してデザインされた、女性向けの「Ruby」というアンプもあります。

やっぱり真空管むき出しが、レトロメカニカルな感じで味わいありますよねぇ。


アンプの電源を淹れると、真空管を温めるための素子が、ぼやーっと明るく光るのが温かみを感じます。実際、手をかざすとホントに暖かいんですけどね。夜は部屋の灯りを落として、アンプの電源を入れるようになりました。

聴く、見る、五感フルで音楽を楽しむ。

これもまた真空管アンプの魅力ではないでしょうかね。

ココがイマイチ

  • phono入力がない
  • サイドウッドが別売
  • 付属の電源コードが短い
  • リモコンがない

phono入力がない


ご覧のようにTRV-35SEには、レコードプレイヤーを繋げるためのphono入力がないので注意。フォノイコライザーを用意するか、レコードプレイヤーに機能が搭載されているなら有効にしましょう。

デノンDP300F には、フォノイコライザー機能が搭載されています。さっそくターンテーブル下にあるフォノイコライザー有効、無効スイッチをOFFからONに切り替え。あとはアンプ側のLine端子にレコードプレイヤーを接続してセット完了。

サイドウッドが別売

アンプ本体のサイドに取り付けるパーツが、別売になっている。なんで最初からついてないのかは不明。別に無くても、全く気にならないんだけどね。

付属の電源コードが短い

付属の専用電源コードが、ちょっと短いかな。

リモコンがない

いまや何でも遠くから、リモコン「ピッ」で操作できる時代。ないんです、リモコンが。時代を逆行して、真空管アンプを使ってるんだから、そりゃデジタル感ありありのリモコンも無いでしょ、と言われれば、それまでなんですけどねw 安心してください。リモコンが付属した兄弟機種TRV-35SERがあります。

実際に音を出してみて

あー全然違う。

音が違うんだよ。音が。。。

アンプを繋げてすぐの感想。前回の記事、アマゾンのスピーカーケーブルでは違いのわからなかった音が、今回はハッキリと違うってわかる。

イイ!

Good!

トレビアン!

すべての音がハッキリと聞こえる。これまで20年前の入門アンプ機で良しとしていたが、上には上がいくらでもあることを知らされる。

真空管アンプの音には「艶がある」とよく言われますが、女性ジャズ・ヴォーカルはホント艶がある。なまめかしい。弦楽器の弦が震える感じ、ウッドベースの重く空気が震える響きなど、すべて新鮮に聞こえる。

半導体を使用して音を増幅させるアンプとは違って、真空管特有の歪みが生じるかららしい。この歪みが、デジタルにはない音に温かみや艶を感じさせてくれる。

あー、買って良かった。

トライオードの製品は真空管アンプとしては、価格が抑えめなので、初心者にオススメの1台ですよ。

これからもオーディオライフを楽しんでいきます!

現在の構成

  • レコードプレイヤー デノンDP300 (カートリッジ オーディオテクニカAT5V)
  • CDプレイヤー デノン DCD790
  • スピーカー ダリ センソール3
  • アンプ トライオード TRV-35SE

トライオードTRV-35SE各部詳細


オレンジ色に光る電源ライト。真空管の光とマッチしてグッド。


アンプ正面中央には、ヘッドフォン入力端子と録音用ライン3端子。ヘッドフォン出力端子も真空管回路になっています。


ボリュームと入力切り替えスイッチ。アンプの定格出力は35w+35W。8畳で聴くには写真の位置のボリュームで十分。


電源とスピーカー出力端子。スピーカーへの接続は、裸線、Y端子、バナナプラグに対応。センソール3のインピーダンスは6Ω。+端子は6Ω側と繋ぎます。

真空管アンプの注意点

寿命とか

お店の人が教えてくれた真空管アンプ関しての注意点。

  • 真空管なので寿命が必ずくること。
  • イージー・リスニングにはあまり向かないこと。

真空管アンプの寿命が来た場合は、いきなり音が聞こえなくなることはなく、徐々に雑音などが混ざってくるらしい。半導体アンプだと、いきなり壊れて音が出なくなるパターンが多いみたいだけど。その点、真空管アンプのほうが故障を察知しやすいとのこと。また真空管の寿命がほとんどなので、真空管交換で済みます。

真空管アンプは真空管を温めて音を出力、コントロールします。電源を入れてすぐに万全の状態になるわけではありません。パッとつけてパッと聴くというスタイルには向きません。

購入時の注意点

このアンプ、重さが18kgもあります。 真空管アンプって全部こんなに重いのでしょうかね?
電車で持って帰ろう、とはいかないので注意です。

昭和生まれ。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサードリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です