ジャケットデザインも凄いジャズ名盤おすすめ5アルバムを挙げるよ

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

2017年はジャズ生誕100周年。

ジャズ聴きたいけど曲が多すぎるし、何から聴いたらいいのかよくわからない、という方いませんか?

今回は曲も凄いがジャケットデザインも優れている、ジャズの名盤アルバムをまとめてみたよ。

スポンサーリンク

BLUE TRAIN/ジョン・コルトレーン

Blue Train

自己の音楽を追い求め続けたサックスプレイヤー。BULUE TRAINは、ジョン・コルトレーンがブルーノートレコードに残した唯一のリーダー作。緊張感のあるプレイが繰り広げられるタイトル曲のBLUE TRAINは、ジャズを知らなくても一度は耳にしたことがある名演。一見してジャズ感が伝わってくるジャケットは、全体的な青のトーンがクールでオシャレ。

クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス/クリフォード・ブラウン

クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス

赤を基調にしたジャケット・デザインが目をひく、若くして亡くなった天才トランペッター、クリフォード・ブラウンの1枚。数々のレコーディングに参加しており、アルバムタイトルに「ウィズ・クリフォード・ブラウン」と付くアルバムも多い。単なるメロディさえも、聴くものに様々なストーリーが見えてくるような演奏は必聴。大人のバラードアルバム。

プリーズ・リクエスト/オスカー・ピーターソン・トリオ

プリーズ・リクエスト

「鍵盤の皇帝」と呼ばれるジャズ界きっての名ピアニスト、オスカー・ピーターソン。ジャズ入門としても激しくおすすめの1枚。「ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー」「イパネマの娘」などジャズスタンダードからボサノバまで耳馴染みのある曲ばかり。気軽に聴ける心地よいサウンドが揃った名盤。仕事で疲れた夜に静かに聴きたくなる1枚です。お客さんから曲のリクエストを受付ているような、演奏の楽しさが伝わってくるジャケットも◎。

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン/ヘレン・メリル

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン

「ニューヨークの溜息」と言われたハスキーボイスが魅力のヘレン・メリル。You’d Be So Nice To Come Home To はヘレン・メリルの代表的名唱となっている。この曲は、いろんなジャズヴォーカリストも歌っているので聴き比べてみるのも面白い。
また天才トランペッター、クリフォード・ブラウンの演奏も逃せない。さらにアレンジはクインシー・ジョーンズと、歌手、奏者、制作すべてに一流が揃った歴史的名盤。

MoonBeams/ビル・エヴァンス

ムーンビームス

ビル・エヴァンスといえば「ワルツ・フォー・デビー」が有名ですが、こちらも負けず劣らずの名盤。アルバム・ジャケットの美女のように官能的でしっとりと聴かせてくれる1枚。「プリーズ・リクエスト/オスカー・ピーターソン・トリオ」のように、気軽に聴けるイージーリスニング的な楽曲ぞろい。静かに聴くも良し、作業しながら聴くも良し。ぜひ持っておきたい1枚です。

まとめ

クールなジョン・コルトレーン、情熱演奏のクリフォード・ブラウン、楽しそうなオスカー・ピーターソン、熱唱のヘレン・メリル、ロマンチックなビル・エヴァンス。

一見しただけでアルバムの内容、ジャズ感が伝わってくる、優れたジャケットデザインばかりだと思いませんか。

ぜひともアナログレコードで集めたいジャズの名盤たちです。

ジャズ歴半年がジャズ初心者にオススメする名盤アルバム5枚。まずは、これから聴くがよい
ことしに入ってからジャズ覚醒したわたし。イイといわれる名盤を聴きまくってきました。 その浅い経験値の中から、独断と偏見でオススメするビ...
昭和生まれの40代。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサーリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です