超大河原邦男展にいってきた

upload

兵庫県立美術館にて開催されている
超大河原邦男展にいってきました。

upload

大河原邦男といえば私にとってはやっぱりボトムズ。

全高4m弱のスコープドッグはリアルロボットの極みだ
と放映開始直後からハマりましたね。

upload

美術館内の壁面に描かれたザク。
館内は設定画、ポスターなど貴重な資料がいっぱい。

設定画全て鉛筆、エアブラシ、マーカーなどで描かれており
当然のことながらウマイ。

これはまさにアートですアート。

実物大スコープドッグも飾られておりコレは必見。
鋼鉄のリアルロボット重厚感がハンパないです。

展示を抜けると物販コーナー。
ポスター原画の複製やTシャツ、
そしてスペシャルバージョンのMGガンダムプラモデルなどが購入できます。

ただしプラモデルの在庫はもう展示在庫のみと言っていたので、
ひょっとしたら今日で売り切れたかも。

館内はほどよい混み具合で見にくいという感じではなかったです。

いまなお続いている生ける伝説・大河原邦男。

工業ロボットデザインにも影響を与えているという
ロボットデザインの歴史は見ておいて損なし。

超大河原邦男展
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1303/index.html

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク