さぁ休みだ!旅行だ!JR特急列車は1ヶ月前からネット予約できるよ。まとめ

もうすぐGW!しかも今年は、5月1日に即位の礼があるため、10連休!

さぁ、旅行に行くぞ〜! 今の時代、ホテル、飛行機はネットで前もって予約が当たりまえ。

あれ、でも電車ってどうなんだ?東海道新幹線の予約はわかるけど、特急とかは予約できるの?

心配ご無用、JR各社ともネットから、特急列車の事前予約が可能なんですよ。

スポンサードリンク

JR東日本の「えきねっと」、JR西日本の「e5489」

調べてみると現在下記3サイトからJR在来線特急列車の予約が可能。

予約可能な列車

各サイトで予約可能な列車が違います。JR東日本の「えきねっと」であれば、全国の在来線特急列車の予約が可能です。

えきねっと新幹線
東北・山形・秋田・北海道新幹線
上越・北陸新幹線
東海道・山陽新幹線
山陽・九州新幹線


全国JRの在来線特急
e5489新幹線
東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線、上越・北陸新幹線

在来線特急
JR西日本、JR四国、JR九州

智頭急行
IRいしかわ鉄道
えちごトキめき鉄道
伊勢鉄道
ネット予約新幹線
九州・山陽新幹線

在来線特急
JR九州・JR西日本の特急列車

ただしエリアとしては予約可能エリアなんだけど、条件などにより予約ができない列車などもあります。特に「えきねっと」は、予約可能列車は全国エリアとなるけど、希望の列車が予約可能かはサイトでチェックすべし。

えきねっと お申込み可能な列車

e5489 予約可能エリア

何日前から予約できるか

乗車日1ヶ月前の午前10時00分から予約可能。

パソコン・スマートフォンからは発売開始日のさらに1週間前(同曜日)の午前5時30分から乗車日1ヶ月前の午前9時54分まで事前のお申込み可能。(この場合でも実際に手配を行うのは、乗車日1ヶ月前発売日の午前10時00分からとなります。)

つまり1週間早く事前申込みした場合でも、実際の手配は1ヶ月前となり、申込みが多い場合は、抽選となります。

切符受け取り方法

切符は基本的に駅の券売機、みどりの窓口での事前発券となります。

ただし申し込んだサイトによって、切符の受け取れる駅が違うので注意が必要です。

とくにJR東日本の「えきねっと」は、全国の列車予約ができてしまうので、例えば、帰りの博多駅で切符受け取ればいいや、なんて思っていると発券ができないので注意。

えきねっと・JR東日本の駅 
・JR北海道の駅※ 
・JR西日本北陸エリアの一部駅※
e5489・JR西日本、JR四国、JR九州のみどりの窓口
・JR東日本の北陸新幹線の各駅
ネット予約・JR九州
・JR西日本※一部受け取れない切符あり

e5489 お受け取り方法

ネット予約 ご利用上の注意

支払い方法

  • 「えきねっと」 クレジットカード
  • 「e5489」「ネット予約」 クレジットカード・コンビニ・金融機関・駅

予約切符の変更はできる?

えきねっと変更は原則1回限り。2回目以降は払戻後、新規のお申込みが必要。

乗車日当日の出発時刻6分前まで、かつ22時54分まで。
e5489「特典あり」の場合、きっぷのお受け取り前なら、指定列車発車時刻まで、インターネット上で何度でも変更

ネット予約インターネット上での変更は、クレジットカード決済(オンライン)の場合のみ。

「えきねっと」は、2回め以降の変更は、1回予約を取り消して新たに買い直しとなります。この取り消し時に払い戻し手数料が発生するので注意。

「e5489」の「特典あり」とは、それぞれのサイトの管轄エリア内で完結する場合「特典あり」となるようです。

e5489では、山陽・九州・北陸新幹線、JR西日本・JR四国・JR九州・JR東日本エリアで完結する特急、急行列車(一部快速列車含む)を通常のきっぷで予約した場合、「特典あり」のきっぷとなります。

https://www.jr-odekake.net/goyoyaku/e5489/change/

座席指定可能だし早特もあり

インターネットで予約できるのは本当に便利。

座席表を見ながら座席も選べるので、トイレに近い席や車両の真ん中あたりなど自由に選べます。

また早めの申込みで早割特典の恩恵をうけれる可能性もあります。

とくに早割特典はインターネット予約限定なので、はやめに旅行計画をたてればたてるほどお得ですよ。
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする