富山宇奈月温泉やまのはへ1泊夫婦旅。黒部の大自然に囲まれたひなびた温泉街でのんびりまったり

GW10連休を利用して大阪から富山・軽井沢へ2泊3日旅行へ。

1泊目は、富山県黒部渓谷の麓にある宇奈月温泉やまのは。

スポンサードリンク

黒部渓谷の大自然に囲まれた宿

黒部・宇奈月温泉やまのはは、山と川に囲まれた自然と静寂に囲まれた環境に建つお宿。2019年3月にリニューアルオープンしたばかり。

館内入ってすぐのメインロビー。広々として高級感あふれる空間です。

メインロビーを抜けて広々としたカフェスペースへ。ここからの眺めが素晴らしく、結構長い時間ぼーっと景色を眺めていた。無料コーヒーも飲めます。

客室は川側を予約しよう

今回、泊まった部屋は、別館・飛鳥 スーペリア和洋室の川側。客室の予約は、川側と街側の部屋が選べます。街側のほうが若干安いですが、ここは部屋からも黒部川と赤いトロッコ列車鉄橋がみえる川側が絶対オススメ。

玄関

別館・飛鳥 スーペリア和洋室の定員は7名。玄関も広々。2人同時に靴の脱ぎ履くができる余裕の広さ。荷物が多い場合、玄関が広いと助かりますよね。

客室&ベッドルーム

和室15畳とツインベッド寝室の2室構成。二人だと余裕の広さ。今の時代wifiももちろん完備。

ベッドサイズも大きい。

川側の部屋だと、黒部川とトロッコ列車の赤い鉄橋が見えます。宇奈月温泉は温泉地ですが、城崎のような街を散策するような場所ではないです。街には何もありません。ただ山と川そして鉄橋。これさえあれば十分。何も無いことにこそ価値がある。そんな温泉街です。はい。

洗面&バスルーム

定員が7名と多めの設定の部屋のためか、トイレが2箇所あります。このへんは何気に嬉しいポイントですね。

洗面アメニティ類は、歯ブラシ ヒゲソリ / ヘアブラシ / ヘアバンド。必要十分ですね。

客室の浴室はこんな感じ。浴室のドアが普通の部屋のドアっぽくて違和感。今回は使いませんでした。

ウエルカムの白エビ&甘エビせんべいがバカ美味!お土産にどうぞ

部屋に用意されていた白エビと甘エビのせんべいが激ウマ!知らない間に嫁さんが白エビを全部食べていて、少し険悪ムードにw 1Fフロント横のお土産屋さんでも、もちろん売っているので会社用など大量に買いました。お土産は宅配で送ることも可能です。

さすが富山お米が美味い!魚が美味い!肉も美味い!ごはんはバイキング・ビュッフェ

ごはんは、朝晩ともにバイキング形式。

オープンキッチンスタイルであちらこちらで料理人が寿司を握ったり、肉を焼いたり。炊きたてのごはん、ぶり大根とかローストビーフとか、美味しすぎる。

展望が素晴らしい温泉

温泉は2箇所あり、時間によって男女湯が入れ替わります。鉄橋を望む景色がみれるのが展望露天風呂「棚湯」のほう。行ったときは朝が男湯タイムだったので、早起きして風呂へ。あいにくの雨だったけど、かえって風情があって、ぼーっと景色を見ながら長湯をしてしまった。

自然に囲まれた温泉地。ここから黒部奥地のトロッコ列車にも乗れる

次の日は軽井沢へ行く予定にしたので、今回は乗れなかったトロッコ列車。ただここまで来たのなら、ぜひ乗ってさらに黒部の奥地まで足を運びたい。じっさい、連泊してトロッコ列車を楽しむ家族客やツアー客がほとんどでした。

ロケーションはいいし、ごはんは美味しいし、眺めのいい温泉は気持ちいいし、ホテルスタッフも気持ちのいい接客だし、ぜひ次もトロッコを楽しみに来たいですね。

大阪からでもサンダーバード&北陸新幹線で十分に近い宇奈月温泉。静かで自然に囲まれた温泉地を探しているなら、ぜひとも候補地に入れてみよう。

宇奈月温泉やまのは https://www.unazuki-yamanoha.jp

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする