はじめての戦車プラモデル制作。タミヤ1/35パンサー戦車に100均ダイソー商品で簡単サビ塗装に挑戦

はじめて作った戦車プラモデル タミヤの1/35パンサー戦車。

今回は、100均ダイソーで買えるアイテムを使って、初心者でもできる簡単お手軽サビ塗装に挑戦。

ダイソーアイテムで簡単にサビを表現

今回、サビ塗装に挑戦するのは、車体後部にある排気管。車体のあちらこちらにサビ、ドロ汚れ塗装をおこなっているのに、排気管だけキレイな状態はちょっとおかしい。

仕上がりはこんな感じ

上が車体塗装時に塗ったダークイエローのままの排気管。下が今回の100均サビ塗装をおこなった排気管。

サビでザラザラ状態になった排気管の感じがでてますよね。このサビ表現が100均ダイソーに売っている商品で、簡単にできちゃいました。

ダイソーで用意したもの

  • クレヨン
  • パステル
  • ライターオイル

ダイソーには、絵画用コーナーがあって、そこの売り場にクレヨン、パステル、筆は置いています。

クレヨンでサビを作る

クレヨンを茶こしで削って、排気管に塗るサビをつくります。今回は、オレンジ、赤、茶、黄を削ってサビをつくってみました。

削ったクレヨンにライターオイルを垂らしてペースト状に。それを筆につけて、ペタペタとサビを付けていきます。

塗るというより、筆でポンポンと排気管にサビを付着させていきます。おお、サビてザラザラになった感がでてきました。

パステルで整える

このままでもいい感じですが、ちょっとサビ感が強すぎるのでパステルで整えます。

茶、赤のパステルを削って排気管に筆でまぶしていきます。

だいぶ色味が落ち着いてきました。

あまったパステルで車輪、キャタピラなどにもまぶして、泥砂汚れを加えました。

所要時間わずか10分。かんたんサビ加工で仕上がり度アップ

あまり目立ちにくい箇所ではありますが、ひと手間加えてやることでグッと仕上がり具合がよくなりました。しかも、今回の排気管程度であれば、所要時間わずか10分たらず。戦車ビギナー大満足の仕上がりです。

いちどお試しあれ。

3回目の緊急事態宣言が発令されようとしている。去年の今頃、第1回目の緊急事態宣言から、お家時間を持て余していたので復活したプラモデルづく...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする