盆栽、鉢植え、観葉植物の最適な水やり時期を教えてくれる「SUSTEE(サスティー)」が救世主すぎる。

盆栽や鉢植えなど観葉植物を育て始めたときに躓くのが水やり。

よく「土が乾いたらたっぷりと」とか書いてあるけど、グリーン初心者にはどの状態が乾いた状態なの???ってな感じ。で、けっきょく水をやりすぎてしまって枯らしてしまう。。。

そんな植物ビギナーに超おすすめなアイテムが「SUSTEE(サスティー)」だ。

土に挿しておくだけ。色で水やり時期をお知らせ

こちらがサスティー。鉢の大きさによってS、M、Lサイズの3種類あり。

今回は一番大きいLサイズを購入。

使い方は簡単で、観葉植物などの鉢の土に挿しておくだけ。

土中の水分状況に応じて、サスティー上部の中芯の色が

  • 青色 水が足りている
  • 白色 水やりが必要

に変化。

この色を目安に水やりをおこなえばOK、という画期的なアイテム。

サスティーに記された上下の▲マークの間の位置まで土に挿しておきます。

サスティーの耐用期間は、約6ヶ月〜9ヶ月。中芯を交換すればまた使えます。

水やり時期がイマイチわからないユッカの木にサスティーを使ってみる

このユッカの木にサスティーを使います。

ユッカの木は、乾燥に強い木であまり水やりを必要としませんが、「土が乾いたら、たっぷりと水をあげましょう」タイプの木。

で今は、ホームセンターの紹介に書いてあった、水やり10日〜14日を目安に土の状況を見て水やってます。

10日ほど水をあげていないユッカの木。ぶすっと上下▲マークの間までサスティーを差し込みます。中芯は白色のままですね。

水をあげると、サスティーの中芯が青色に変化しました。これは、わかりやすい!これならもう水やりに失敗しないぞ。

これまで水やりが原因で数々の木々を枯らしてきたけど、このサスティーがあれば無問題だ。

これからも、よろしくねサスティー。

1週間経過後のサスティー

水やりから1週間後のサスティー。青の色が、水やり直後とくらべて薄くなってきる感じですね。あと4,5日したら水やり時かな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする