タミヤ戦車兵フィギュアの迷彩ジャケットをガンダムリアルタッチマーカーでお手軽塗装してみる

いま制作しているタミヤ1/35キングタイガー戦車プラモデル。

このキットに付属している戦車兵をガンダムリアルタッチマーカーセットで迷彩塗装してみた。

3色カモフラージュジャケットだと!?

パンサー、タイガーときて初心者戦車モデラーの最終目標となるキングタイガー戦車!アルデンヌ戦線仕様。カッコイイですね。

このキットには、パッケージに描かれている戦車長、装填手そしてバイクにまたがった伝令兵と戦車兵フィギュアがなんと3体も付属。このバイクもキットとしてついてくる、なんともお買い得なキット。

車体組み立てが、下地塗装まできたので、乾燥させている間に戦車兵をくみたてる。このキットの製作記はまた後日。

戦車長は、これまでどおりブラック単色なので問題ナッシング。問題はこの装填手。なんかシャレたカモフラージュジャケットを着てるではあーりませんか。

むむむ、これは初心者には難しそうだし、ちょっと筆とか面倒そうだ。どうしようかな。そうだガンダムマーカーなら簡単に塗れるかな。

ガンダムリアルタッチマーカーなら細かい迷彩塗装もかんたん

一応ガンダムマーカーお手軽カモフラ塗装の完成形がこちら。

こんな出来栄えになりました。肉眼では細かい点で塗ってたつもりだったけど、写真でみるとちょっとカモフラ大きかったかな。

使ったのは

  • リアルタッチイエロー1
  • リアルタッチグリーン1
  • リアルタッチレッド1
  • リアルタッチブラウン1
  • リアルタッチピンク1

スボンだけは、タミヤアクリルカラーのフラットブラックで筆塗り。あとの帽子、顔、手袋、ブーツにマフラー、ジャケットは、すべてガンダムリアルタッチマーカーで塗装。

今回はお手軽にいくために、ジャケットのベース色は塗らずに、パーツの上にそのままガンダムマーカーでカモフラージュ塗装した。

マーカーの細いほうで、ひたすらドットを描けるだけ描くだけ。

顔はガンダムマーカーのピンクで塗装。肌色にピンク!?とおもったけど案外良い感じ。目鼻部分をグレーでウォッシングして凹凸を強調。

ガンダムリアルタッチマーカーはセットで揃えておこう

「おれを早く戦車に乗せろよ」って言ってそうですね笑

次回はちゃんとパーティングラインの処理をして、もう少し細かく小さくカモフラ塗装してみよう。

ガンダムマーカーなら、塗料の調合や筆の手入れなど塗装以外の手間がなくていい。肝心の塗装にかんしても、普段ん握りなれたペンタイプなので気楽に塗れる。

今回のアルデンヌ戦線仕様独特の車体の細かいドット迷彩もこのガンダムリアルタッチマーカーで塗ってみようかな。

戦車車体のウエザリングにも使えるし、ガンダムリアルタッチマーカーは是非ともセットで揃えておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする