レコードの音質をお手軽改善。Hudson Hi-Fiアクリルターンテーブルマットを買ってみた

オーディオどうにかしたい熱が、またふつふつと湧いてきた今日このごろ。

家ではレコードを聞く時間が多い。そこで、お手軽に音質改善が期待できそうなターンテーブルマットを買ってみたのでさっそくレビュー。

ターンテーブルマットのアップグレードで音質改善

今回買ってみたのは、アマゾンでみつけた Hudson Hi-Fi アクリル製のターンテーブルマット。

ターンテーブルマットをアップグレードすると、振動エネルギーを吸収することで、レコードの溝と針の接着がよくなり、大幅な音質改善がみられる、とか。

このHudson Hi-Fi アクリル製のターンテーブルマットは、イエロー、オレンジ、グリーン、ブルー、レッド の5色あり。アマゾンで見るとオレンジなどが3,980円〜5,600円の価格の中で、なぜかイエローだけが2,500円と安い。

お手軽に音質改善を目指しているので迷わず一番安いイエローをチョイス。

材質はアクリルで、マットの厚みは3mm。

レコードラベル部分がくぼんでいて、ギザギザの加工がしてあるので、レコードをフラットで密着した状態に保てます。

DP-300の標準ゴムマットは、静電気が発生しやすいためかホコリがつきやすい。このアクリルターンテーブルマットであれば、ここまでホコリがつかないので安心かな。

しかしターンテーブル以外もほこりまみれだな。。。

うん、良い音になった!。。。ような感じがするぞ

さっそくアクリルターンテーブルマットをDP-300にセット。真っ黒なDP-300の機体に蛍光イエローのマットが映えますね。さっそく1枚聴いてみる。

The Amazing Bud Powell Volume 1。冒頭から同じ曲の3テイクが続くバド・パウエル全盛期の歴史的名盤。バド・パウエルは、ナイトクラブのボディガードが制止するのを振り切って店に入ろうとして、頭を殴られて入院。この事件をさかいに人も演奏も変わってしまったとか。

このバド・パウエルのエピソードは、マイルス・デイヴィスのインタビューをまとめた自伝本「マイルス・デイヴィス自伝」で語られていたもの。その他、当時のジャズ界の人間模様やマイルス・デイヴィス自身のことが、話し口調で書かれている。本の分厚さと文字量にビビるが、内容が面白すぎて読めてしまう。おすすめ本。

肝心のレコード音質の変化だけど、ピアノの音が力強く聞こえ輪郭がはっきりとした、感じがする。劇的な変化はわからないけど、2,500円ほどの出費で、音が良くなった感が得られるのであれば、良い品じゃないでしょうか。

他にもコルク製のターンテーブルマットなど種類も豊富にあるので、いろいろと試してみようと思います。

ターンテーブルマットを交換したらトーンアームのバランス調整もわすれずに

最初は標準のゴムマットの上に敷いていたのですが、途中から外しました。標準のゴム製ターンテーブルマットもかなり厚みがあります。

水平が狂っていると、針にかかる圧もかわるので、トーンアームの水平バランスは、忘れずに調整しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする