【けやき盆栽】強風で落下バラバラに。植え替えで根っこ、土をリフレッシュ

2017年1月15日、物凄い冬型低気圧の影響で、大阪市内でも強風と雪が舞う。

そんな中、けやき盆栽が強風でひっくり返る大惨事が発生。

スポンサードリンク

強風でケヤキと鉢が落下。バラバラに

ベランダに掛けていた日よけのすだれが、強風のせいで紐がちぎれてバタバタ舞っていた。そのすだれに、けやきの枝が引っかかって、なんとブラブラすだれにぶら下がった状態になっていた。←嫁が発見する。


盆栽の本体は、すだれにひかかって、鉢は下に落ちて土が散らばった。最近、水やりをしていなかったので、苔もカラカラパサパサ状態で飛散。オーマイガッ。


写真すべてが、気が動転してピントあってないので、勘弁してくださいw でも、こんな機会でもなければ、盆栽の根っこまで見ることができない。じっくりと木の状態を見てみる。


鉢の大きさ、浅さにあわせて、根っこが伸びてるのがわかります。しっかりと丈夫な根っこがとぐろ巻いてる。うん、元気だ。多分。。


とりあえず適当に木の位置を決めて、四天王寺の骨董市で購入していた赤玉土を盛る。盆栽、ミニ盆栽を育てているなら、土のストックは持っておいた方がいい。いつ必要になるともわからないからね。


とりあえず、けやき盆栽 見事に復活!

だけど鉢の位置決めを適当にしたせいで、なんかちょっと前と違う気がするw

また今度しっかりとやり直そう。

ミニ盆栽は2年に1回は植え替えをしよう

小さい鉢に植えているミニ盆栽は、2年に一度のサイクルで植え替えをするのが良いとされてます。

根っこが鉢の中で回って、株が弱くなってくるので、植え替えで根っこと土をリフレッシュ。

植え替えは、春に行うのが基本。
でも、落葉樹の場合は木が休眠中の冬に行なっても良いみたい。

だから今回の落下事件は、ミニ盆栽をリフレッシュさせるいい機会でした。

ありがとう文春。

もとい

ありがとう強風。

盆栽ビギナーのバイブル書

今回も、役にたった 苔玉と苔~小さな緑の栽培テクニック (別冊NHK趣味の園芸)
ミニ盆栽の作り方、育て方もしっかりと紹介されています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする