escape r3で気持よく自転車通勤したいのなら必ずメンテすべき2つのポイント

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

robmos-2014-02-02_4

2016年3月19日更新。

2009年からescape r3で自転車通をしております。

気持よく自転車通勤するために、愛車escape r3の調子は常に最高になるよう心がけています。

そのために抑えておくべきメンテナンスポイントは、たった2つだけ。

チェケラ

スポンサーリンク

その1:チェーンにオイル

escaper3_mentenace_1

走りのロスをなくすには駆動系のメンテナンスが効果的。
チェーンに注油するだけで、走りが格段に軽くなります。

escaper3_mentenace_2

チェーンオイルはリングとリングの間にさします。
オイルをさし終わった後は、余分なオイルを拭き取っておきましょう。余分なチェーンオイルに砂利やゴミなどが不着して、抵抗になってしまいます。必ず拭き取りましょう。それにオイルが飛び散って足元も汚れます。これ注意しないと、本当にスーツのズボンがダメになりますよw

おすすめのオイルはワコーズ MTL メンテルーブ 多目的防錆・潤滑スプレー

escaper3_mentenace_3

粘度が高いチェーンオイルなので、多少の雨でもしっかりチェーンを潤滑してくれます。ちょっとお値段は高めですが、ワイヤー類などへの注油もこれ1本でOK!万能スプレーオイルです。

チェーンオイルのメンテを怠ると、チェーンが錆びてきて、チェーンの寿命も短くなってしまいます。最低でも月に1回はオイルを挿しましょうね。

あまりにも汚れがひどいようなら、チェーンの洗浄もおすすめです。

チェーン洗浄専用ツールを、使用すれば簡単にチェーンの洗浄が可能です。

ESCAPE R3 チェーン洗浄
ちょっとescape r3のチェーン洗浄をしてみました。

その他の注油メンテのポイント

  • 変速機など可動部分にくまなく注油
  • 余分なオイルは必ず拭き取る

メンテナンススタンドは必需品

後輪を浮かすことのできるメンテナンススタンドは、クロスバイク乗りには必需品アイテム。

その2:タイヤの空気圧

空気圧の高いロードバイクは、放っておくとどんどん空気が抜けていきます。タイヤの空気圧は、必ず1週間に1回は調整しましょう。

空気圧が低いと、釘などを拾いやすくなります。パンクのもととなるので注意。

また、タイヤの転がり具合も全然違うので、マメに空気は入れておきたい。タイヤの空気が減ってくると、道路からの音が変わってきます。空気圧が適正に入っていると、シャーっというタイヤの音が聞こえるはず。空気が減っていると、この音が聞こえなくなってくるので、わたしはこの音も目安に空気圧調整を行なっています。

2009年から雨の日も関係なく、毎日自転車通勤していますが、通勤中のパンクは3回ほどしかありません。タイヤ空気圧のチェックは、まめにしておこう。

escape r3はフレンチバルブです。フレンチバルブ対応の空気入れを買いましょうね。

メンテナンスは基本が大事

チェーンへの注油とタイヤ空気圧チェック。

この駆動系の2つのポイントを、まめにメンテナンスするだけで、ほんとに気持よく自転車出勤できますよ。メンテナンス前後で、ペダルの軽やかさの違いをはっきりと体感できるはず。

しっかりメンテで、ツーキニストライフを楽しみましょう!

カバンに1冊入れておくと安心

自転車初心者なら持っておきたい1冊。自転車メンテナンスの全てが、詳しい写真付で説明されています。

昭和生まれの40代。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサーリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です