【レビュー】デノンDP300F買ったった。こいつは初心者に激しくオススメしたいアナログレコードプレイヤーっす

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

デノンのレコードプレイヤーDP300Fを買いました。

ついにアナログレコードデビューっす。

良いところ、悪いところ含めてレビューするっす。

スポンサードリンク

デノンDP300Fここが良い

  • ベルトドライブである
  • フルオートである
  • カートリッジの交換ができる
  • 価格が安い

はじめてのアナログレコードプレイヤーの購入にあたって、色々と比較、検討しました。

でもアナログレコードプレイヤーって、結構バカ高い本格派プレイヤーか、安いお手軽プレイヤーが多い。

ちょっと本格的なプレイヤーが欲しかったので、デノンDP500かDP300かで迷う。しかし上記4つの理由が決め手となり、最終的にデノンDP300Fを買いました。

dp3-2016-06-28 - 4

ベルトドライブである

レコードプレイヤーには、ベルトドライブとダイレクトドライブの2種類の駆動方式があります。一般的にベルトドライブのほうが、ベルトのゴムが振動を吸収し、プレイヤーへの振動が少なくなります。そのためベルトドライブの方が、音質が良いと言われています。上級者になると、なんと「糸」ドライブなんだとか。凄っw

振動を抑えるものは、レコードプレイヤーを制す、です。

フルオートである

わたしレコードは使ったことがありません。自分で音楽を買うようになった時は、すでにCDの時代でした。そのためレコードは、まったくの初心者であります。

アナログレコードのイメージは、針の上げ下ろしが難しそう。とか、音楽が終わったら針を戻すの忘れそう とか。少し面倒なイメージ。

じぶんの性格上、のちのち煩わしくなりそうだったので、最初からフルオート機能の機種を探しました。その点、DP300はフルオートでありながら、マニュアル操作も可能という、1粒で2度美味しいお得なプレイヤーです。

フルオートの動作は、こんな感じです。

カートリッジの交換ができる

レコードプレイヤーの醍醐味はカートリッジ交換にあり、と言われます。カートリッジにそれぞれ個性があり、交換することで劇的に音が変わる。らしい。早く、カートリッジ交換をしてみたい。

安いレコードプレイヤーだと、カートリッジ交換ができないモノもあります。DP300Fは、制限はありますがカートリッジ交換は可能です。

dp3-2016-06-28_1 - 1

価格が安い

DP500は、実売価格6〜7万円。それに比べてDP300Fなら実売価格20,000円ほど。4万円の差は大きい。。

レビューなどを見ると、プレイヤー自体に価格差ほどの音質の違いは無いとか。高いプレイヤーを買うなら、安めのプレイヤーを買って、浮いたお金でカートリッジやレコードを買う、という意見もありました。わたしも飽き性なので、最初の投資は少なくしたい。DP300Fで決まり。

dp3-2016-06-28_1 - 1 (1)

はじめて使う時は、しっかりとウエイト調整、針圧の調整をおこないます。こういう所がアナログですよねぇ。入れてポンのCDとは違うんだよ、CDとは。

DP300Fここがイマイチ

  • ヘッドシェルが専用
  • Phonoケーブルが変更できない
  • ボタンを押した感じが残念

ヘッドシェルが専用

DP300Fのトーンアームは真っ直ぐなので、ヘッドシェルに角度がついています。そのためDP300専用のヘッドシェルしか使えません。ヘッドシェルを変える楽しみはないけれど、カートリッジは交換可能です。

dp3-2016-06-28 - 1

右に首が曲がってるの、わかります?普通のヘッドシェルは、まっすぐなんですよ。でもDP300Fは、曲がってるんですよ。そこんとこヨロシク。

Phonoケーブルが変更できない

DP300Fは、phonoケーブルが組み込み済み。しかも、よくある安っちい種類のやつ。長さも1mほどしかないので、アンプとの設置場所が制限されます。

dp3-2016-06-28 - 2
筐体の左からでているのがphonoケーブル、右が電源ケーブル。

dp3-2016-06-28 - 3
アンプに挿したphonoケーブル。左の赤白がDP300Fのケーブル。よく見るやつや。

ボタンを押した感じが残念

START STOPボタンを押した時の感触が、カッチャと軽い感じの音でいかにも安っぽい。見た目は重厚感があるのに、音は軽量級なんです。アームが動く音も、ギギギとオイルの切れたメカの音がする。まぁ、高級機のボタンを押したことがないので、比較の仕様がないのですが。このへんは仕方がないですかね。

アナログ初心者には十分なプレイヤー

構成は、アンプ デノンPMA390Ⅱ、スピーカー センソール3となります。

dp3-2016-06-28_2 - 1

このレコードプレイヤー、普通に良い音を出してくれます。

CDとどれだけ違う音なんだろうワクワク、と期待で鼻息荒くしすぎると、アレッ?普通・・・?みたいな感じになるけどw 
でも普通で素直な分、化け幅というか伸びしろみたいなものを感じさせるプレイヤーです。あー、早くカートリッジ変えてみたい。

dp3-2016-06-28_3 - 1

アナログ初心者にオススメのレコードプレイヤーです。

DP300F おもな仕様

主な仕様 – DP-300F
【モーター部】

駆動方式/ベルトドライブ
回転数/33・1/3、45rpm
ワウ・フラッター/0.1%(WRMS)
ターンテーブル/アルミダイカスト
負荷特性/針圧80gで0%

【アーム部】

方式/スタティックバランスストレートタイプ
有効長/221.5mm
オーバーハング/19mm
トラッキングエラー/3°以内
針圧調整範囲/0~4.0g(1目盛 0.1g)
適合カートリッジ重量/4.5~9.5g(ヘッドシェル含まず)

【カートリッジ部】

形式/MM型
適正針圧/2.0g
カートリッジ質量/5g
交換針/DSN-85 希望小売価格 3,780円(税抜 3,600円)
付属ヘッドシェル質量/10g 【交換用専用シェル PCL-310-SP(プレミアムシルバー) PCL-310-K(ブラック):希望小売価格5,040円)】

【総合】

電源/AC100V 50/60Hz
消費電力/2W
寸法/W434×H122×D381mm(フット含む)
質量/5.5kg

追記
カートリッジを交換しました。こちら

【レビュー】デノンDP300FレコードプレイヤーにオーディオテクニカAT5Vカートリッジを装着。パワフルな音になったよ

昭和生まれ。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア
スポンサードリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です