由布院「山のホテル夢想園」。離れの部屋に絶景大露天風呂。大阪から1泊2日九州大分温泉夫婦2人旅

我が家の毎年の恒例行事である、おつかれさん会1泊2日温泉旅行。

2020年は、20年前の新婚旅行先でもある、九州大分県由布院に決定。しかも泊まるお宿も、20年ぶりの「山のホテル夢想園」。

スポンサードリンク

1000坪の敷地に150畳の露天風呂。緑に囲まれた旅館

由布院は町全体として、温泉地としての景観をたもつために、ある程度旅館やホテルを離して景観を保っていると聞きました。

そのため今回のお宿「夢想園」も由布院駅から徒歩20分ほどの位置にあります。スマホ片手に歩いてたどり着いたけど、先に書いたように旅館の道案内的な看板とか出てない。20年前よく地図片手に歩いていけたなぁ、と改めて感心するとともに、周辺の景色もあまり変わっていないことにも感心。

客室

広大な敷地の中に、本館、新館、別館の3棟にわかれて客室が点在。

今回は、20年前と同じく別館をチョイス。この別館は、1室1室玄関がある離れのようになっていて、大人の休日感をあじわえます。

今回の部屋は別館でも一番奥の「欅」の間。趣のある石畳を部屋へ向かう。

玄関。まるで実家に帰ってきたかのような錯覚を覚えます。

部屋に入ってびっくりしたのが、この囲炉裏の土間。

ネットでは、6畳+6畳和室となっていたので、囲炉裏のある土間がるとは知らなかったし、20年前に泊まった部屋にはなかったような気がする。

2月中旬に宿泊したのですが、しっかりと炭に火が入ってて暖かかったです。

真田丸ごっこもできますw

日本の冬にはこたつ。こたつが無いと部屋が寒いという事でもないが、落ちつく〜。リラックスできます。

角部屋だったので、部屋の正面と右手に窓あり。窓からは由布岳が望めます。

趣のある落ち着いた客室です。

レトロな趣の洗面所。玄関近くにあるので、冬の夜は少し冷えます。

洗面所の後ろにあるとっても広いトイレ。

部屋はとっても広くて静かでリラックスできました。

食事は、部屋食ではなく別棟の食事処でとるので、布団の上げ下げ時に中居さんと合うと行ったことも一切なく夫婦水入らずで、の〜んびり過ごせました。

  • 6畳+6畳+囲炉裏土間
  • 部屋風呂なし(お風呂はありましたが使われてなさそう)
  • wifi完備

食事

食事は部屋食ではなく、食事処でとります。

一部屋づつに掘りごたつテーブル席が用意されています。

隣のテーブルとの間隔もとっても広くて余裕があるので、子供連れの家族でも安心だと思います。

献立表。嫁さんが肉がダメなので、予約時にその旨を伝えておいたら、鶏肉に変更してくれました。

食事は、程よい量で美味しく頂けました。

ななつ星に採用されている日本酒「玄亀」など、食事とあうお酒も多数置いてあります。

また大分の小鹿田焼をはじめ九州は器の産地でもあるためか、使われている器も素晴らしいものが多かったです。

朝食も和食となり同じ食事処での食事となります。

露天風呂から由布岳が見れるのは女湯のみ

温泉は、男女露天風呂に家族などで貸し切れる家族風呂と室内の温泉があります。

由布岳を見れる大露店風呂は残念ながら終日女性専用のみ。

由布院の温泉すべてがそうなのかわかりませんが、湯温はちょっと低めの温泉でした。

長い時間じっくりとお湯につかれるのは良いのですが、体の洗い場も外なので冬の寒空の下では結構寒かった。

自家製名物プリン

夢想園内に由布院岳を望める喫茶店があり、名物のプリンが食べれます。

今回、残念ながら喫茶店は臨時休業になっていたのですが、プリンの取り扱いはあるとのことで、夕食後に部屋で食べました。

20年前も食べたけど、カッチリと固めのプリンで美味しいんです。夢想園に宿泊の際はぜひ食べてみてください。おすすめです。

コスパの良い隠れ家的旅館

最近は外国からの観光客も多い由布院ですが、駅から離れていることもあって日本人のお客さんのほうが多いみたいです。わたしたちが行ったときは、新型コロナ肺炎の影響で、由布院全体外国人は少なめでしたが。

由布院のお買い物や土産物のあるメイン通りから、だいぶと離れているので、本当に静かにゆったり過ごせます。

大人1名24,200円。平日を挟んだ日程だったせいかもしれませんが、あの部屋、料理、温泉などは、他の温泉と比較しても安いと思います。おすすめの旅館です。

山のホテル 夢想園 公式サイト
https://www.musouen.co.jp

由布岳

標高1,583mの由布岳。由布院からはその雄大な姿を間近に見れます。山頂部分が雲に隠れてしまっているけれど、写真でみるよりも高く大きくて、火の国 九州のエネルギーをかんじさせてくれます。

金鱗湖

由布院の名所 金鱗湖。

湖には温泉も流れ込んでいるといわれ冬でも水温が高く、冬の早朝には湖面から湯気が立ち上るそうです。

わたしたちも前日夜に旅館の人から聞いたので、朝の6時からウォーキングがてら行ってきました。でも、残念ながら湖面から立ち上る湯気は見れませんでした。

飛行機も新幹線も早割が超お得

今回の大分由布院への交通手段は下記

行き 

飛行機
大阪(伊丹) 14:25発 → 大分 15:25着 1時間
ご利用運賃 ウルトラ先得/合計 11,920円(2人)
バス
大分空港〜由布院駅 1時間 
1550円(1人)

帰り

電車 由布院の森
由布院駅 12:09発 ⇢ 博多駅 14:16着 
合計 9,280円(2人)

新幹線 さくら
博多駅 18:15発 ⇢ 新大阪駅 20:48着
スーパー早得きっぷ 合計 20,960円(2人)

JALなら74日前から新幹線は1ヶ月前からの予約でお得

この旅行を計画したのが前年の11月。計画をした時点で、宿の予約と飛行機の予約を済ませる。

飛行機はJALのウルトラ先得を利用したので一人5,960円という安さ。しかしJALならもう一段階上の安さウルトラ先得という先行予約あり。このウルトラ先得なら最大88%もお得に!

先得割引・スーパー先得・ウルトラ先得 JAPAN AIRLINES
https://www.jal.co.jp/dom/waribiki/super_sakitoku.html

新幹線も1ヶ月前からの予約でお得に。人気の列車ゆふいんの森も早めに予約して席を確保しておいたほうが無難。

ゆふいん号は博多駅進行方向の左側席がおすすめ

ゆふいん号は予約時に席も選べますが、博多駅進行方向に向かって左側の席がおすすめ。

何箇所か名所スポットがあって列車が速度を落として走ってくれます。その、ほとんどが左側でしたよ。

JRおでかけネット
https://www.jr-odekake.net

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする