【自転車通勤】Tern AMP F1 アルミペダルに交換。見た目もcool、漕ぎ出しも軽い!お手軽カスタム

通勤用自転車Tern AMP F1。

アマゾンのブラックフライデーで安くなっていたペダルを見つけたのでポチ。

なにげにペダルから交換してみた。

アマゾン ブラックフライデーでCXWXCペダルをポチる

アマゾン ブラックフライデーでポチったのは、CXWXC 自転車 ペダル フラットペダル ロードバイク/クロスバイク/mtbなど用 リフレクター付 アルミ製(CX-930)

他にもたくさん自転車ペダルがブラックフライデーSALEにでていたのですが

  • 見た目かっこいい
  • カラーバリエーション
  • レビュー数が多い
  • 安い SALEで1,500円。普通時でも2,000円

が決めてになってこのCXWXCのペダルにきまりました。

久しぶりに購入した自転車カスタム用パーツ。

AMP F1にとっては初となるぷちカスタムっす。

今回購入したカラーは、ブラック/シルバー。さりげないメタル感がかっこいい。カラーはほかに、ブラック/ゴールド、ブラック/ブルー、ブラック/レッド があり。

踏面は、両面ともフラット。

素材は、アルミ/クロモリ鋼。

重さはペアで380g。

取り付けねじサイズは、9/16インチ。ロードバイク、クロスバイク、BMXなど、だいたいの自転車に取り付け可能。

ピンは片面8個。両面に配置されています。

安全に配慮した反射材を前後面に配置。

標準ペダルとの大きさの違いを比較。

踏み込み面が大きいですね。

取り付けはサイクルベースあさひ

さっそく、いつものごとく、近くのサイクルベースあさひへペダルを持ち込み、取り付けてもらう。

ペダル取り付け

  • 作業時間 15分ほど
  • 工賃 1,100円

でした。

いやぁ、標準の樹脂ペダルと違って、存在感がありますね。

一気にスポーティ感がでてきました。

じっさいに走ってみると、まず漕ぎ出しが軽くなったことに驚き。

標準ペダルでは、気づかなかった、ペダルがスムーズに回ってる感じがはっきりとわかる。

ペダルの踏み込み面も大きくなって、力を加えやすい。

さらに標準の樹脂のやわらかい感じと違って、アルミクロモリなのでカチッとした硬さが安心してガンガン踏み込める。

まずはペダル交換からおすすめ

はっきりいって1,500円ほどの買い物で、これほど見た目も、こぎやすさも変わるとは驚きです。

ハンドルバー交換などと違って、ペダル交換は、さりげなさがいい。

昔のタモリさんの「髪切った?」的な、あれ?なんか変わってる?と言われたらわかる、というね。

標準でついているペダルが樹脂製のものの場合、ぜひペダル交換からはじめてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする