ひかりTV解約TIPSまとめ

ひかりTVを解約した。

ちょっとわかりにくい箇所もあったのでまとめておくよ。

スポンサードリンク

電話で解約

まず、わかりにくいのが解約方法。

「ひかりTV 解約」でぐぐってみても、一番上に出てくるのは「解約をご検討中の方へ」という、解約を引き留めようとするヘルプページがでてくるw

あ〜っ、とイラつきながら調べてると、
ひかりTVの解約方法は、

  • 解約コールバック予約をネットから行う
  • コールセンターへ直接電話する

の2種類。

なにが違うのか?

解約コールバック予約は、向こうから予約した時間に電話がかかってくる。コールセンターへ直接電話するは、読んだ字のまま。

ここは、てっとりばやく直接コールセンターへ電話したほうが楽かな。

ひかりTVカスタマーセンター
0120−001−144
営業時間 10:00〜19:00年中無休
携帯電話不可

< p class=”para”>解約コールバック予約はこちら。
https://app.hikaritv.net/enq/enq/inquire/form04.html

解約にはエントリーコードが必要

ひかりTVを解約するには、bから始まるご契約番号もしくはエントリーコードが必要になります。
確認方法は、

  • ひかりTV会員証
  • ひかりTV画面上

のいずれかの方法で確認できます。

ひかりTV会員証は、契約時に送られてくる証書で、

こんな用紙です。

ひかりTV会員証をなくした、という人はひかりTVの画面上から確認してください。

くわしい確認方法は、こちら。
http://faq.hikaritv.net/faq/show/1711

電話で解約手続き

で、いざ電話。冒頭ガイダンスが流れるので、お申込み・解約・料金「1」>解約「2」をプッシュ。その後、自動音声の案内に従ってエントリーコードと解約理由を選択。その後、オペレーターに繋がります。

本人確認のため氏名と氏名を漢字で説明。その後、さきほど選択した解約理由について聞かれた。「見たい番組がない」と適当に選択した理由について聞かれるとは思っていなかったので、ちょっと焦った。

ただ、「今後は改善いたします。また、その際には、ひかりTVをよろしくお願い致します」と丁寧に謝られて、「あ、はい、お願いします」と、かえってこっちが恐縮してしまった。

所要時間5分ほどで、割りと簡単にあっけなく解約手続きができた。

ひかりTVよ、いままでありがとう。

また、縁があったらよろしくね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする