【レビュー】アマゾン1万円台のプロジェクターめちゃ凄い!何故もっと早く買わなかったのか。こいつは激しくオススメする。

2回目の緊急事態宣言真っ只中。stay home時間を楽しむべく、前から気になっていたプロジェクターをアマゾンでポチる。

なんでもっと早くに買わなかったのか。

つきなみの言葉ですが、家が映画館になる!1万円でも十分、これは凄い。

1万円プロジェクターでも十分だぜ

まずは見てもらおうか、1万円プロジェクターの実力とやらを。

8畳洋室の白壁に直接投影した写真がこちら。

どうですか。めっちゃきれいですよね。

もう感動と同時に後悔してましたよ。なぜもっと早くに買わなかったのか、と。

で、購入したプロジェクターはこちら。

Jinhoo 小型プロジェクター 5500LM | amazon.co.jp

jinhoo?聞いたことないけど、色々と調べた中では5500ルーメンと明るいことと、2500円オフクーポンがついて実質10,000円だったので、このJinhooプロジェクターをポチった。

Jinhooプロジェクター同梱物

真っ黒い。

同梱物一式

  • 本体
  • リモコン
  • HDMIケーブル
  • AVケーブル
  • レンズカバー
  • 電源ケーブル
  • 説明書
  • お掃除用綿棒など

そして本体上に置いている白い布みたいな物体は、投影用の100インチスクリーン。これを使えば屋外でも楽しめる!みたいです。

Jinhooプロジェクター本体

ちょっと大きめの弁当箱ぐらいのサイズ。片手で十分持ち運べる重さと大きさです。

背面に開いてる2つの穴はスピーカー。満足はできないけど普通に聞ける音質です。

上部にはフォーカスリングと台形調整リングと操作ボタン。リモコンも付属しているので便利。

本体前面には微妙な角度調整用ネジがついてます。結構このちょっとした調整で壁面にきれいに映すことができるので重要っす。

接続端子の口は、本体の左側にすべてまとめられています。

  • VGA
  • USB
  • HDMI
  • マイクロSD
  • AV
  • ヘッドフォン端子

初期設定はかんたん

説明書が非常にわかりやすい。最初にwifi設定をおこなっておきます。wifi設定をしておけばスマホの写真をワイヤレスで映すことが可能になります。

Jinhoo10,000円プロジェクターの実力。起動とファン音

アマゾンプライムを見る

アマゾンプライムをみるには、FireTV Stickを直接プロジェクター本体HDMI端子と接続して投影。wifiでつなげたスマホ経由では映すことが出来ないので注意。

スマホとつなぐ

手持ちのpixel5とのミラーリンクを試してみるができない。デバイス検索でプロジェクターを検出してくれない。同じネットワーク上にいるはずなのになんでだろう。

おりをみて有線接続をためしてみます。

オーディオとつなぐ

Jinhooプロジェクター本体からも音はでます。しょぼい音かなと思ったけど、まぁ普通に良い感じです。

だけどせっかく大スクリーンになったから、音もなるべくいい音で聞きたい。映画館みたいにしたい。と、いうことでプロジェクター本体のヘッドフォン端子とアンプをRCAケーブルでつなげて視聴してます。

現時点でのプロジェクターベストポジションw

んー、三脚必要か。。。

カメラの三脚があれば便利

やはりスピーカーの上に設置するのは不安定すぎるので、速攻アマゾンでカメラ三脚ポチりました。

あー、もう安定で安心。三脚あればなにかと便利。

家に白い壁面があるなら買って損なし

家に白い壁があってアマゾンプライム、FireTVstickをもっているなら迷わず買い! の一品です。

カーテンの無い部屋を使っているのですが、曇りの日の部屋の明るさでも、見ることができる。

良い点

  • 10,000円台でこの機能。コストパフォーマンス高し!
  • 5500ルーメンの明るさ。昼間でも見ようと思えば見れる
  • wifi
  • 100インチスクリーンついてくる

悪い点

  • スイッチオンのときからファンがうるさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする