ダイソー300円のUSBミニスピーカーのコスパが高すぎる。これは買い!

ちょっとした作業を自宅でするときに、タブレットでYoutubeのBGMチャンネルやアマゾンプライムミュージックを流しっぱなしにすることが多い。

音楽があるだけで快適だけど、ちょっと音質的に物足りない。でも本格ミニスピーカーを買うほどでもない、ってときにおすすめしたいのがダイソーの300円USBミニスピーカー。

これ、まじでおすすめ。

300円でこの音質なら十分

このパッケージが目印。ほかにも何個かスピーカー種類ありましたが、ブックシェルフ型、いわゆる四角いタイプはこの1種類しか見当たらなかった。

大きさは、高さ約6.5cm 横幅約5.5cm 奥行き約5cm。

コーンの直径は約4.5cm。

ボリュームダイヤルがスピーカーの裏についてます。出力は3Wなので、最大ボリュームにしておいてノートPCやタブレット側でボリューム調整でちょうどよし。

USBケーブルとイヤホンジャックケーブルが付属。

USB電源で動作するので、パソコンのUSBとイヤホンジャックとそれぞれ接続すればOK。
スピーカー同士をつなぐケーブルの長さは約50cm。卓上で置く場合の左右位置の範囲としては十分。

ASUS Detachable CM3とつなげてみた。

ASUS Detachable CM3も良い音は鳴らすけれど、スピーカーを繋げることで劇的に音が変化。

シャカシャカという音質から、おちついた音色に。ASUS Detachable CM3の音で長時間聞くのはつらいものがあったけど、スピーカーにつなげると全然聞ける。音がマイルドで耳に優しい音になるのかな。

300円という値段を考えるとまさに驚異的な変化。これはすごい。

USBタイプCがひとつしかないタブレットの場合、タイプC USBハブをつかってUSBを接続すればOK。

卓上スピーカーとしては最高のコスパ

最近のタブレットやノートPCは、音質の良いものが増えてきてるけど、やっぱりスピーカーにつなぐと音は劇的にかわる。

しかも、ダイソーのスピーカーはたったの300円。卓上スピーカーとしてはコスパの高いスピーカー。見つけたら買うべし!

ダイソー300円USBミニスピーカー驚きの音質

番外 セリアのパンチングボードでスピーカー位置を高くしてみたら音に包み込まれるようになった

ちょうどどう使おうか迷っていたセリアのMDFパンチングボードがあったので、
こちらも100均で買った木ダボをスピーカーの裏に空いている穴に差し込み、

ちょうど耳の位置になるようスピーカーをパンチングボードに差し込みセット完了。

タブレットから出る音とちがって、音に包み込まれるようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする