9月俺の盆栽。イボタ水やりを忘れて枯れそうになる危機

順調に育っていた俺の盆栽。イボタの樹。

しかしここに来て、またもや、よもやの枯れてしまう危機が訪れる。

9月の長雨で水やりをさぼる

今年2021年の9月は、初旬から長雨が続いて、暑さも和らいだ。8月の酷暑時は、毎日水をやっていたのが、何を思ったか、1週間ほど水やりを忘れてしまった。

すると。。。

9月5日の状態

あーーーっ! 葉っぱがシナシナになってる!

こ、これはあかんやつじゃないのか。

9月12日の状態

オーマイガッ。神よ、イボタの樹を救い給え。急にクリスチャンになって神頼みしてみる。

唯一の救いは、写真右のほうに写っている緑の葉っぱ。元気そうだ。まだ救いはある!

9月26日の状態

あれから、水やりをかかさずにおこない、緑の数が増えてきました!ちょっとわかりにくいけど、新芽も出てます!

まだ枯れてる部分は多いけど、なんとか生きてますイボタ。

鉢が小さい盆栽は水の管理が難しい

今回は、夏場に水やりを忘れたことが原因。もう初歩中の初歩的ミス。しかし、これまで数々枯らしてきた経験からわかったことは、鉢が小さい盆栽は初心者には難しい、ということ。

鉢が小さいと水切れをおこしやすいし、逆に水のやりすぎで根腐れもおこしやすい。少しでも鉢を大きくして、土の保水力を高くしたほうが育てやすい。

来年になったら、鉢植えを大きいものに変えてあげよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする