Laravel php AWS Cloud9 Chrome。送信しようとしている情報は保護されませんでエラーになる時の対処法 

PHP Laravel AWS Cloud9 Chrome環境で、POST遷移でエラーになったときの対処方法メモ。

httpsからhttpへの遷移で発生

久々にphpを触っていて遭遇。

AWS Cloud9で Laravelを構築、Laravelローカルサーバー Chrome環境下で発生。

httpsからhttpへ遷移する際に、Google ChromeやMicrosoft Edgeなど最新のブラウザで、セキュリティ上の観点から制御されている模様。

Laravel開発環境下でも「このまま送信」を押せば次のページへ遷移はするのだが、GETで遷移してしまう。


Route::post

とPOST遷移のルーティングで、このアラート画面に出くわすとGET遷移になって先にすすめない。

強制的に全遷移をhttpsに変更する


app>Providers>AppServiceProvider.php


  public function boot(UrlGenerator $url) // 引数追加
    {
        $url->forceScheme('https'); // 追加
    }

とAppServiceProvider.php内のfunction boot() を変更してやりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする