バッファロー製の34機種の無線LANルーターに情報漏えいの脆弱性。IPA発表

160620-0008

バッファローの無線LANルータに情報漏えいの脆弱性がある、とIPAが発表。

バッファアローのホームページにも「複数のルーター製品における情報漏えいの脆弱性」と題するアナウンスページが公開されました。

スポンサードリンク

ディレクトリトラバーサルと情報漏えいの脆弱性

バッファロー製の複数の無線 LAN ルータにおける情報漏えいの脆弱性 | IPA
http://jvn.jp/jp/JVN75813272/

バッファロー製の複数の無線 LAN ルータにおけるディレクトリトラバーサルの脆弱性 | IPA
http://jvn.jp/jp/JVN81698369/

IPAから発表された脆弱性は上記2点。

複数のルーター製品における情報漏えいの脆弱性 | バッファロー
http://buffalo.jp/support_s/s20160527a.html

バッファローのホームページでは、該当機種、対応方法も公表されています。無線LANルータ34機種、有線ルータ1機種とかなりの機種に脆弱性がある模様。バッファアロー製無線LANルータを利用しているなら、すぐに最新のファームウエアにしましょう。

ディレクトリトラバーサルとは

通常はアクセスできないファイルやフォルダ(ディレクトリ)の内容を取得する手法をいいます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする