EscapeR3で自転車通勤歴10年がオススメするクロスバイク通勤用タイヤ

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

2009年に通勤用に購入したEscape R3とのつきあいも、かれこれ数えてはや10年。

あいだ通勤距離は短くなったりしたけれど、まじめに通勤してるのでほぼ毎日乗っている。

この10年のあいだに、タイヤもいろいろと履いてきた。

まとめてみるよ。

スポンサーリンク

自転車通勤10年の履歴

EscapeR3での自転車通勤の状況は、
距離 1日約10km を週5、6日。
なので1週間で50km〜60kmの距離を走ってる計算になります。

距離もたいしたことないので、よっぽどひどい豪雨でもないかぎり雨天時もEscapeR3で出勤してします。

各タイヤの使用期間

各タイヤの使用期間と最後どうして履き替えることになったのかをまとめてみる。

タイヤ名使用期間タイヤの最後
パナレーサー リブモS ホワイト1年8ヶ月細かなガラス片を踏んでパンク
パナレーサー T-serve1年8ヶ月タイヤのサイドが裂ける
パナレーサー リブモS イエロー1年7ヶ月パンクで大きな穴
パナレーサーcomfy(コンフィ)2年6ヶ月タイヤのサイドが裂ける
パナレーサー リブモ利用中まだ

だいたい、どのタイヤも1年半ほどのサイクルで交換してますね。Comfyは、ずば抜けて使用期間が長いけど、これは交換のタイミングを誤ったというか。ただComfyを履いていた期間は、大きなアクシデントもなく平和だったのは間違いないw

各タイヤの特徴

それぞれ特徴を簡単にまとめると

タイヤ名特徴
リブモSカラーが豊富。おしゃれにしたい、イメチェンしやすい。
T-serve耐パンク性能が高い。カラー赤色あり。これだけでも雰囲気だいぶ変わる。
comfy(コンフィ)イージーライド。タイヤの重さが軽いので漕ぎ出しなどラク。
リブモ貫通、リム打ちパンクの耐性をあげ、さらに摩耗性能もあげた街乗り最強と謳われているタイヤ。
ただしお値段もそれなり。

って感じ。簡単すぎるけどw

各タイヤの諸性能

最後に各タイヤの諸性能まとめ。

タイヤ名機能重さ(g)参考価格(税抜き)
リブモS5002,848円
T-serveZSGナチュラル コンパウンド
プロタイト ベルト
2705,943円
comfy(コンフィ)800D強化コード2902,620円
リブモマイルクランチャー コンパウンド
プロタイト シールド
800D強化コード
3905,943円

タイヤの重さは、全て幅28mmサイズ。
こうしてみるとリブモSは、前後で1kgとくそ重い。スチールビードだからでしょうかね。通勤と同時に体を鍛えたい人向けですw

通勤用タイヤならComfyがオススメ

こうしてみると、機能、重さなどコストパフォーマンスでは、Comfyがずば抜けていると言えるでしょう。

わたしも約2年半と一番長く履いていたのがパナレーサー Comfy。Comfyは、800デニールの太いナイロンコードを採用し、耐サイドカット性が向上しています。他のタイヤが1年半ほどでタイヤサイドが破れてきたのにたいして、Comfyは1年長い約2年半履くことができました。
この耐久性は魅力的ですよね。

カラーバリエーションも4色あるので、前後で色を変えたりも楽しめます。

タイヤ選びに迷っていたら参考にしてね。

昭和生まれの40代。お仕事はEC系。
嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。
ブログはもっぱら趣味の自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。
最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア

スポンサーリンク

シェアお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローお願いしますヽ(=´▽`=)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です