アニメ PR

Amazon Primeアニメ2024年。54歳おっさんでも楽しめるおすすめ人気作品を紹介する

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

震災、飛行機接触事故と波乱の幕開けとなった2024年。

わたしも54歳。もう少しで四捨五入すると60になってしまうギリギリ首の皮1枚程度で踏ん張ってる年齢のおっさんになりました。

でも関係なくアマプラでアニメ見るよ。随時更新

2024年アニメ 年初から良作ぞろい

2024年アニメは、昨シーズン放送のシーズン2ものなど年初から良作揃い。

葬送のフリーレン 一級魔法使い試験編

ストーリー

勇者ヒンメルたちと共に、10 年に及ぶ冒険の末に魔王を打ち倒し、世界に平和をもたらした魔法使いフリーレン。千年以上生きるエルフである彼女は、ヒンメルたちと再会の約束をし、独り旅に出る。それから 50 年後、フリーレンはヒンメルのもとを訪ねるが、50 年前と変わらぬ彼女に対し、ヒンメルは老い、人生は残りわずかだった。その後、死を迎えたヒンメルを目の当たりにし、これまで“人を知る”ことをしてこなかった自分を痛感し、それを悔いるフリーレンは、“人を知るため”の旅に出る。その旅路には、さまざまな人との出会い、さまざまな出来事が待っていた―。© 山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会

Amazonプライム

魔法バトルが展開される 一級魔法使い試験編

葬送のフリーレン 一級魔法使い試験編は、その名のとおり原作の一級魔法使い選抜試験が舞台。

葬送のフリーレン特有のロードムービー的な旅もありつつ、一級魔法使い試験編では戦闘シーンもふんだんにある。

フリーレンとフェルンのほかに、一級魔法使いになるために揃いも揃ってクセつよ魔法使いがわんさと登場。

シーズン1では少なかった、魔法バトルが展開されます。

魔法理論のもと展開される魔法バトル

葬送のフリーレンの魅力は、魔法が理論的に体系化され系譜があること。

そこにはグーチョキパーといった魔法の相性がある。

最強の魔法使いが最強とは限らず、相性の悪い相手にはあっさりと負けてしまう。

このあたりのさじ加減が非常に面白い。

そして 自分がイメージできないものは魔法にできない という 理屈。

斬新でとてもわかりやすい。

アニメならではの面白さ

葬送のフリーレン シーズン1視聴後、スーパー銭湯で原作マンガ本を読んだ。

たまたま偶然、ちょうど一級魔法使い選抜試験のあたり。

マンガ本も面白い。だけど、葬送のフリーレンはアニメになってこそ、その面白さが倍増している。

アニメの展開はほぼ原作どおり。ストーリー的に原作とアニメで違いはない。

しかし  と 空気感 そして 

葬送のフリーレン アニメ版では、これら3つがバッチリとハマってる。原作マンガの面白さがより引き出されてます。

フリーレンのちょっと抜けたような間と空気感は、動きがあって時間が経過するアニメだからこそ表現が可能。

そして 声。

登場人物全員が原作で読んだキャラ、イメージ通りの声。

フリーレン、フェルンの声、話し方 そしてデンケンの「殴り合いじゃぁぁぁぁッ!!!!」。あの風貌にはあの声しかない。ハマりすぎですw

声優キャスティングGJです。

葬送のフリーレン 続編のアニメ化は?

気になる 葬送のフリーレン 続編のアニメ化ですが、現時点での公式アナウンスはなし。

信じて待ちましょう。

バトルの中にも頭脳戦をみたい知的なおっさんにおすすめのアニメ。

Amazonプライム でみる

DMM TV でみる     

僕の心のヤバイやつ シーズン2

重度の中二病で陰キャの市川京太郎と、クラスで人気者の山田杏奈。 美少女らしからぬ行動を繰り出す山田に、市川は目を離せずにいた。 そんな市川の恋心を知ってか知らずか、山田は天真爛漫に近づいて来る!! 全く違う世界にいたはずの2人。 しかしその距離は、徐々に近づいていき……。(C)桜井のりお(秋田書店)/僕ヤバ製作委員会 AmazonPrime

回がすすむごとに自分がオッサンである現実に腹が立つアニメ

2023年アニメの中で一番おっさん(自分)にぶっ刺さったアニメ「僕ヤバ」。

待ちに待った待望のシーズン2です。

シーズン1視聴後に気になって原作マンガを全巻1〜9まで購入してしまった。

なので「僕ヤバ」シーズン2の話の展開はわかっている。

でも、でも

ちくしょう〜 なんで時間は巻き戻らないのだ 俺も中学生やりなおしたい

ってくらいニヤニヤが止まらない。

相変わらずのイチャラブが展開されるのだ。

OP作画がヤバい 「僕の心のヤバイやつ」制作陣本気(マジ)です

話の展開がわかっていてもニヤついてしまうのはアニメならではの動きと声。

まずは動き。

各話に1回、山田の顔と髪の毛がふわぁ〜 っとなって山田が市川にときめくシーンがある。このへんの感情の表現は動きのあるアニメならでは。

それと声。

山田杏奈の声は、アニメのあの声しかありえない。

いろんな「市川〜」で感情を演じ分けてる声優さんは改めてすごい。

それに「僕ヤバ」シーズン2はOPの作画レベルすごい。

OP最初の山田が振り向くところ、学校の階段を駆け上がるところなどなど、シーズン2にかける制作陣の熱意がヒシヒシ伝わってくる。

もう内容知ってるしオレ、と余裕をかましていたが、シーズン2も見事にハマった。

僕の心のヤバイやつ 続編シーズン3は?

僕の心のヤバイやつ シーズン2 修学旅行、夏合宿編は原作コミックで9巻まで。

第10巻は、「僕ヤバ」シーズン2終了にあわせて発刊。

うーん、「僕ヤバ」シーズン3は当分先であろう。

ときめきを忘れてしまったおっさんに激しくおすすめするアニメです。

Amazonプライム でみる

勇気爆発バーンブレイバーン

―――ふたりを繋ぐ“勇気”人型装甲兵器『ティタノストライド=通称TS(ティーエス)』が発達した時代。各国軍は“ハワイ オアフ島”に集結。陸上自衛隊所属 イサミ・アオと アメリカ海兵隊所属 ルイス・スミスのふたりは戦闘の最中出逢う。突如所属不明機による強襲を受け、為す術もなく散っていく兵士たち。(その時、彼が舞い降りる。)己の誇りをかけて戦え。死と隣り合わせの戦場で生き残る為。仲間を救う為。命を信じて、“勇気”を燃やせ。©「勇気爆発バーンブレイバーン」製作委員会 Amazon Prime

リアルロボット ✕ スーパーロボット + ボーイズラブ

勇気爆発バーンブレイバーンは、1話公開までは誰もが本格リアルロボットアニメと思っていた。

そう、1話を見終わるまでは。

しかしOPの ♪バンバンバンバンババンバンブレイバ〜ン あたりから、本格リアルロボット・・?と疑問が湧き始め、 歌 ブレイバーン のロールにさらに疑問が加速。

そして1話終了時にはブレイバーンなんかキモっ となったw

そう「勇気爆発バーンブレイバーン」は、ロボットが主人公の男にちょっと恋心を抱いているギャグ系スーパーロボットアニメだったのである。

本格ロボットバトルにちょっとホロリとくるタイムリープも

たしかに主人公であるイサミにしつこくつきまとうブレイバーンはキモい。自己中な点もヒーローロボットらしくない。

そこかしこでブレイバーンの奇妙さが目についてしまうアニメではある。

しかしブレイバーンのデザインやCGの本格ロボットバトルシーンはクォリティが高くロボアニメファンは必見。

そしてブレイバーンがイサミにつきまとう謎も物語後半で明かされる。ここはタイムリープも絡む。

よくも1クールで終わったな、というくらい密度の濃い展開のアニメです。

昭和の少年ジャンプなみの愛と友情と勇気

最終回 絶体絶命のピンチに陥る地球。

しかし

愛 友情 勇気

で吹っ飛ばす。

昭和世代は、きっと懐かしさを感じるであろう「勇気爆発バーンブレイバーン」。

昭和少年ジャンプの熱量を、クールな令和の時代に持ち込んだ。

そう、昔は暑苦しかったんだ。熱血だったんだ。

「勇気爆発バーンブレイバーン」は、昔は熱血漢だったんだぜ というおっさんに見て欲しいアニメです。

Amazonプライム でみる

DMM TV でみる     

GREAT PRETENDER

自称“日本一の天才詐欺師”枝村真人。その日も相棒の工藤と2人で浅草観光に来ているフランス人に詐欺を仕掛けてひと儲け・・・のはずが、逆に騙され大金を奪われてしまう。その男はローラン・ティエリー、マフィアさえ手玉に取るコンフィデンスマンだったのだ。世界を舞台に仕掛ける桁違いの騙し合いに、枝村は巻き込まれていく・・・!! (C)WIT STUDIO/Great Pretenders Amazon Prime

スタイリッシュでサクッとみれる爽快アニメ

詐欺師(コンフィデンスマン)が繰り広げる痛快詐欺アニメ。

脚本は古沢良太氏。

なっとくの面白さです。

騙し騙され の展開がサクサクっと展開。

5話でひとつのお仕事チャプターになっているので本当にサクッと見れます。

キャラデザインは貞本義行氏。画風は色彩豊かでポップテイスト。

続編「グレートプリテンダー ラズブリウト」は2024年2月23日よりDMM TVにて独占配信されています。

休日なにをしようか時間を持て余しているおっさんにおすすめアニメ。

Amazonプライム でみる

DMM TV でみる     

ささきとぴーちゃん

視聴中。

文鳥とおっさんが主人公。

社畜でさえないおじさんの佐々木がペット屋で1羽の文鳥を買う。

この文鳥はただの文鳥でなく、なんか異世界で昔の勇者的なものが魔法で転生して文鳥になっていた。

この出会いから社畜の佐々木は、異世界で現代の便利グッズを売ってスローライフ生活をもくろむ。

のだが、そうはうまくいくわけもなく・・・的な展開。

魔法、タイムスリップ、美少女、もののけなどなど情報が多い。一気に見ないと頭がついていかない。

忘却バッテリー

中学球界で名を馳せた完全無欠の剛腕投手・清峰葉流火、切れ者捕手の“智将”・要圭の怪物バッテリー。全国の強豪校からスカウトを受けていた彼らが進学したのは何故か野球無名校の東京都立小手指高校だった。さらに圭は記憶喪失で野球に関する知識も失っていた。 そしてかつて彼らに敗れ散り野球から遠ざかっていた天才たちも、偶然同じ高校に入学しており…。 巡り合い、再び動き出す 彼らの高校野球ストーリーが いま始まる―! Amazonプライム

MAPPA + 宮野真守

現時点で2話までしか視聴できないけど、この時点で全話視聴確定〜。

MAPPAの作画はこの忘却バッテリーでも素晴らしい。躍動感のある野球シーンやカッチョイイアングルがてんこ盛り。

そして宮野真守。

シリアスな野球のシーンからはじまって、お 本格バッテリーの野球アニメか?と思っていたらキャッチャーの子がものすごくアホになってたw

ハイテンションおバカなキャラをやらせたら天下一品の宮野真守ワールドが炸裂。ゾンビランドサガの謎マネージャーを彷彿とさせるキレッキレの演技。

アホすぎて、お腹かかえて笑った。

声優さんはすごい。

原作は未読なので、今後のストーリー展開も気になる。

さいきん笑ってないな というオッサンにおすすめのアニメ!

Amazonプライム でみる

created by Rinker
ノーブランド品
¥11,985 (2024/05/23 14:41:08時点 Amazon調べ-詳細)

バーテンダー 神のグラス

バーテンダー・佐々倉溜は六本木で修行後に単身フランスへ渡り、ヨーロッパのカクテルコンテストにて優勝。それ以降、彼が作るカクテルは「神のグラス」と呼ばれるようになる。

パリの一流ホテルにてチーフバーテンダーを務めていた溜だったが、理由は不明ながら日本に帰国し、プライベート・バー“イーデンホール”で働き始める。バーにやってくるお客さんの様々な悩みや問題に対して、特別な一杯を提供する溜。

一方、東京に開業したホテル・カーディナルでは、オーナーの来島泰三がカウンターバーに立つバーテンダーの人選に拘り、相応しいバーテンダーが見つからずカウンターバーをオープン出来ずにいる。

泰三の孫・美和を含む営業企画部のメンバーはバーテンダー探しに奔走。佐々倉に出会い、彼こそが相応しいとスカウトするが…©城アラキ・長友健篩/集英社・Bar hoppers

上質な大人アニメ

神のグラスと呼ばれるカクテルを作るバーテンダー 佐々倉溜の物語。

普段バーに行かないしカクテルの種類もまったく知らない。でもバーテンダーを見たあとだと、バーに行ってみたい、バーテンダーを見てみたい気持ちになる。

バーテンダー 佐々倉溜の観察眼からくるカクテルのチョイス、気配りが心地よい。

また登場人物の日常がバーで重なり合う。そしてなぜバーという非日常な空間が必要なのか、が描かれる。

早く次の回がみたくなる。

ふだんビール、焼酎しか飲まないおっさんにおすすめの上質大人アニメ。

Amazonプライム でみる

 

アニメおすすめのサブスクサービス

アニメ視聴におすすめのサブスクサービス。

Amazonプライムビデオ

配信本数非公開
配信ジャンル洋画・邦画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど
月額料金600円
無料体験30日間
2024年1月現在

Amazonプライムビデオは、Amazonが提供する動画配信サービスです。Amazonプライム会員に登録すれば、追加料金なしで利用できます。

Amazonプライム会員は30日間無料から始めることができます。

AmazonPrime会員 詳しくみる

DMM TV

見放題作品数合計19万作品以上
配信ジャンルアニメ・バラエティ・2.5次元舞台など
月額(税込)・無料期間550円(税込)/30日間
特典DMMポイント550pt付与
2024年1月現在

DMM TVは、アニメ、ドラマ、バラエティ、映画など、19万本以上の作品が見放題で楽しめる動画配信サービスです。

とくにアニメの配信に強く、各種調査で「新作アニメ見放題作品数No1」や「アニメ見放題サービスNo1」の称号を獲得しています。

月額550円(税込)と、他の主要な動画配信サービスと比べて比較的安価な料金で利用可能です。

DMM TV  詳しくみる

ABOUT ME
matonako
昭和45年生。お仕事はEC系。 嫁、セキセイインコ、魚多数と暮らす。家が大好き。休日はインドア派。 ブログはもっぱら趣味のガンプラ作り、自転車、写真、カメラ、コーヒー、軽登山について。 最近気になるモノ:盆栽、ジャズ、アナログ・レコード、インテリア、ガンプラ